入試案内

当研究所は、物質基盤化学部門・分子集積化学部門・融合材料部門・先端素子材料部門の4部門から構成されています。本研究所には有機化学・ナノテクノロジーの研究に必須な様々な先導的大型研究設備が導入されるとともに、大学院生の数も徐々に増加しています。当研究所には外国人客員教授、外国人博士研究員・訪問研究員、ならびに大学院の留学生など外国の研究者も多数在籍しており、世界に開かれた研究所の役割も果たしています。
当研究所の教員は研究に情熱を燃やし、最新の機器を駆使することによりそれぞれの研究分野の最先端で活躍している研究者です。それぞれの研究グループは比較的少人数ですので教員は懇切に皆さんの研究指導ができ、皆さんは世界の第1線の研究を身を持って体験できますので、大いに能力を伸ばす機会が得られるものと確信します。
当研究所の教員は、大学院総合理工学府、大学院理学府、大学院工学府に分かれて所属しており、それぞれの学府を通じて大学院生を募集しています。従って、皆さんが当研究所の教員のもとで研究を行いたい場合には、それぞれの教員の所属している学府のそれぞれの大学院入試に合格する必要があります。

最新情報は各専攻のホームページでご確認ください

総合理工学府(HP:http://www.tj.kyushu-u.ac.jp/
工学府(HP:http://www.eng.kyushu-u.ac.jp/
理学府(HP:http://www.sci.kyushu-u.ac.jp/

協力専攻の学府と参照情報

1. 協力専攻が総合理工学府の分野

  1. 物質基盤化学部門(生命有機化学分野  機能分子化学分野)
  2. 分子集積化学部門(クラスター分子化学分野 集積分子機能分野
  3. 融合材料部門(ナノ組織化分野 ナノ融合材料分野
  4. 先端素子材料部門(ナノ構造評価分野 先端光機能材料分野 炭素材料科学分野 エネルギー材料分野 ミクロプロセス制御分野

総合理工学府の協力専攻となっている研究分野で研究を行いたい学生は、総合理工学府物質理工学専攻あるいは量子プロセス専攻の入学試験を受ける必要があります。
九州大学大学院総合理工学府に関する情報は以下を参照してください。
http://www.tj.kyushu-u.ac.jp/ja/admissions/master.php

問い合わせ先:

http://www.tj.kyushu-u.ac.jp/ja/admissions/shiryou_seikyu.php

2. 協力専攻が理学府の分野

  1. 物質基盤化学部門(ナノ界面物性 分子物質化学分野
  2. 分子集積化学部門 (多次元分子配列分野

理学府の協力専攻となっている研究分野で研究を行いたい学生は、理学府化学専攻の入学試験を受ける必要があります。
九州大学大学院理学府に関する情報は以下を参照してください。
http://www.sci.kyushu-u.ac.jp/html/nyusi/daigakuin.html

資料請求先:

http://www.sci.kyushu-u.ac.jp/admission/daigakuin_seikyu.html

3. 協力専攻が工学府の分野

  1. 物質基盤化学部門(反応・物性理論分野
  2. 分子集積化学部門 (医用生物物理化学分野 複合分子システム分野
  3. ソフトマテリアル部門 (ソフトマテリアル学際化学分野

工学府の協力専攻となっている研究分野で研究を行いたい学生は、工学府物質科学工学専攻群物質創造工学専攻の入学試験を受ける必要があります。
九州大学大学院工学府に関する情報は以下を参照してください。
http://www.eng.kyushu-u.ac.jp/admissions.html#graduate

問い合わせ先:

http://www.eng.kyushu-u.ac.jp/prospective/ (左記サイト下部)