九州大学先導物質化学研究所 融合材料部門 ナノ融合材料分野
九州大学大学院 総合理工学府 物質理工学専攻 物質構造化学大講座 光機能物質学教育分野

研究室紹介 の変更点


&ref(lab_.jpg,nolink);

~

**414号室 [#k1c6c597]
|||||c
|&ref(r_414-1s.jpg,zoom,100%,合成実験室1。ドラフト完備で安全に実験ができます);|&ref(r_414-2s.jpg,zoom,100%,合成実験室1。ドラフト完備で安全に実験ができます);|&ref(r_414-3s.jpg,zoom,100%,合成実験室1。ドラフト完備で安全に実験ができます);| |

~

**415号室 [#k1c6c597]
|||||c
|&ref(r_415-1s.jpg,zoom,100%,実験準備室);|&ref(r_415-2s.jpg,zoom,100%,実験準備室);|&ref(r_415-3s.jpg,zoom,100%, 実験準備室);|&ref(r_415-4s.jpg,zoom,100%,実験準備室);|

~

**416号室 [#k1c6c597]
|||||c
|&ref(r_416-1s.jpg,zoom,100%,学生部屋2);|&ref(r_416-2s.jpg,zoom,100%,学生部屋2);|&ref(r_416-3s.jpg,zoom,100%,学生部屋2);| |

~

**417号室 [#k1c6c597]
|||||c
|&ref(r_417-1s.jpg,zoom,100%,合成実験室2。今年から合成実験ができるようになりスペースが拡大。去年からあるX線回折装置もあります。);|&ref(r_417-2b.jpg,zoom,25%,合成実験室2。今年から合成実験ができるようになりスペースが拡大。去年からあるX線回折装置もあります。);|&ref(r_417-3s.jpg,zoom,100%,合成実験室2。今年から合成実験ができるようになりスペースが拡大。去年からあるX線回折装置もあります。);|&ref(r_417-4s.jpg,zoom,100%,合成実験室2。今年から合成実験ができるようになりスペースが拡大。去年からあるX線回折装置もあります。);|

~

**418号室 [#k1c6c597]
|||||c
|&ref(r_418-1s.jpg,zoom,100%,倉庫とガラス細工の部屋。いろんなものが押し込められてます。);|&ref(r_418-2s.jpg,zoom,100%,倉庫とガラス細工の部屋。いろんなものが押し込められてます。);|&ref(r_418-3s.jpg,zoom,100%,倉庫とガラス細工の部屋。いろんなものが押し込められてます。);| |

~

**419号室 [#k1c6c597]
|||||c
|&ref(r_419-1s.jpg,zoom,100%,結晶成長の部屋。換気扇に鳥の巣が・・・);|&ref(r_419-2s.jpg,zoom,100%,結晶成長の部屋。換気扇に鳥の巣が・・・);|&ref(r_419-3s.jpg,zoom,100%,結晶成長の部屋。換気扇に鳥の巣が・・・);|&ref(r_419-4s.jpg,zoom,100%,結晶成長の部屋。換気扇に鳥の巣が・・・);|

~

**404号室 [#k1c6c597]
|||||c
|&ref(r_404-1s.jpg,zoom,100%,測定室。研究室の心臓部SQUIDがあります。);|&ref(r_404-2s.jpg,zoom,100%,測定室。研究室の心臓部SQUIDがあります。);|&ref(r_404-3s.jpg,zoom,100%,測定室。研究室の心臓部SQUIDがあります。);| |

~

**403号室 [#k1c6c597]
|||||c
|&ref(r_403-1s.jpg,zoom,100%,佐藤教授室);|&ref(r_403-2s.jpg,zoom,100%,佐藤教授室);| | |

~

**402号室 [#k1c6c597]
|||||c
|&ref(r_402-1s.jpg,zoom,100%,松田助教と学生部屋);|&ref(r_402-2s.jpg,zoom,100%,松田助教と学生部屋);|&ref(r_402-3s.jpg,zoom,100%,松田助教と学生部屋);|&ref(r_402-4s.jpg,zoom,100%,松田助教と学生部屋);|

~

*研究設備・装置紹介 [#h662198b]
|||||c
|&ref(eq6b.jpg,zoom,25%,[装置情報] 名称:IPワイセンブルグ単結晶自動X線構造解析装置<br />導入年:2000年 <br />メーカー: 理学電機(株)<br />設置場所: 南棟417号室<br />型式・型番: R-AXIS/RAPID<br />特徴:●大型イメージングプレートにより広い範囲(-60°~+144°)の測定が可能<br />できること:●金属錯体の結晶構造解析);|&ref(eq4b.jpg,zoom,25%,[装置情報] 名称:磁気特性測定システム_SQUID<br />導入年: 1996年<br />メーカー: 日本カンタムデザイン<br />型式・型番: MPMS-5S<br />特徴:●測定感度 : 1x10-8emu  <br />●測定温度範囲 : 1.9K~400K<br />●光照射下における磁気測定<br />できること:●光応答性磁性体の磁気測定<br />●スピン転移錯体の磁気測定<br />●単分子鎖磁石の磁気測定<br />設置場所:南棟404号室);|&ref(eq3b.jpg,zoom,25%,[装置情報] 名称:フーリエ変換顕微IR<br />導入年:2003年<br />メーカー:日本分光<br />型式・型番: FT/IR-600Plus<br />特徴:●数10 μmのサイズの測定可能<br />できること:●単結晶の赤外吸収スペクトルの測定<br />●クライオスタットとの併用による低温での赤外吸収スペクトル測定<br />●単結晶の赤外吸収スペクトルの測定<br />設置場所:南棟404号室);|&ref(eq5b.jpg,zoom,25%,[装置情報] 名称:紫外可視分光光度計<br />導入年:1995年<br />メーカー:島津製作所 <br />型式・型番:UV-3100PC<br />特徴:●高性能ダブルモノクロメータ使用で高分解能 <br />できること:●金属錯体の吸収スペクトル測定<br />●クライオスタットとの併用による<br />低温での可視紫外吸収スペクトル測定<br />設置場所:南棟404号室);|
|&size(12){[装置情報]&br;名称:IPワイセンブルグ単結晶自動X線構造解析装置};|&size(12){[装置情報] &br;名称:磁気特性測定システム_SQUID};|&size(12){[装置情報] &br;名称:フーリエ変換顕微IR };|&size(12){[装置情報]&br;名称:紫外可視分光光度計};|
|&ref(eq2b.jpg,zoom,25%,[装置情報] 名称:電気化学アナライザー<br />できること:●簡単に電気化学測定が行えます<br />設置場所:南棟415号室);|&ref(eq1b.jpg,zoom,25%,[装置情報] 名称:遠心分離機<br />設置場所:南棟417号室);|&ref(eq7b.jpg,zoom,25%,[装置情報] 名称:グローブボックス<br />設置場所:南棟404号室);|&ref(eq8b.jpg,zoom,25%,[装置情報] 名称:蒸留装置とミリポア<br />特徴:超純粋水を使ってます<br />設置場所:南棟414号室);|
|&ref(eq2b.jpg,zoom,25%,[装置情報] 名称:電気化学アナライザー<br />できること:●簡単に電気化学測定が行えます<br />設置場所:南棟415号室);|&ref(eq8b.jpg,zoom,25%,[装置情報] 名称:遠心分離機<br />設置場所:南棟417号室);|&ref(eq7b.jpg,zoom,25%,[装置情報] 名称:グローブボックス<br />設置場所:南棟404号室);|&ref(eq1b.jpg,zoom,25%,[装置情報] 名称:蒸留装置とミリポア<br />特徴:超純粋水を使ってます<br />設置場所:南棟414号室);|
|&size(12){[装置情報] &br;名称:電気化学アナライザー};|&size(12){[装置情報] &br;名称:遠心分離機};|&size(12){[装置情報]&br;名称:グローブボックス};|&size(12){[装置情報]&br;名称:蒸留装置とミリポア };|




トップ   編集 編集(GUI) 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS