教授公募(2名)

先導物質化学研究所教授公募(2名)


1. 公募内容:  (1)、(2)の募集分野を担当する教授各1名。ともに、機能分子化学と工学に新領域を開拓し、産官学の研究者と連携して、研究を展開する意欲のある方を求めます。研究所、部門の概要、公募内容の詳細については、当ホームページをご参照ください。
募集分野
(1) 合成化学の領域で、しっかりした「もの創り」研究の経験と実績を持ち、新しい機能性分子の基礎化学の確立とその実用基盤の構築に意欲のある研究者。有機合成化学、有機元素化学、高分子合成化学、有機材料化学、あるいはこれらの関連研究領域において経験と実績のある方。
(2) 高分子及び分子性物質の材料科学の領域で、物性研究を基盤とし、材料の機能設計への展開に意欲のある研究者。産業応用を視野に入れた研究ができる方が望ましい。有機・高分子系材料の構造化学、物性化学、レオロジー、薄膜界面化学、あるいはこれらの関連研究領域において経験と実績のある方。
分野の具体的な例はこちらをご覧ください。
2. 教育: 九州大学大学院総合理工学府物質理工学専攻において、有機化学[分野(1)]、高分子科学[分野(2)]関連の講義と学生指導を担当する。化学、物理、材料、の学問分野を統合した総合的な教育による、新しい物質科学領域で活躍できる人材育成に積極的に貢献できる方。物質理工学専攻の内容はhttp://www.mm.kyushu-u.ac.jp/をご参照ください。
3. 着任時期: 平成18年度内のできるだけ早い時期。
4. 必要書類:
(1) 履歴書(写真添付、E-mail連絡先を明記のこと)
(2) 業績リスト(原著論文、総説、著書、紀要・Proceedingsを わけて記載のこと)
(3) 論文別刷り(コピー可)10編以内、研究概要、研究と教育に関する抱負、 それぞれ図を含めてA4版2枚程度。
(4) 特記事項(国際的な学会での招待講演、競争的資金、民間との共同研究等研究費の取得状況、受賞、特許出願、取得等)。
(5) 研究者、教育者としての資質についてコメントを 求めうる方2名程度の氏名と連絡先。
なお、資料は返却しません。
5. 締め切り、問い合わせ、および書類送付先:平成18年7月17日(月)(必着)
〒816-8580 福岡県春日市春日公園6-1
九州大学先導物質化学研究所長、今石宣之(092-583-7793)。
先導物質化学研究所教授公募[分野(1)または(2)]と朱書の上、書留にて送付のこと。
6. 最終選考時にヒアリングを実施します。
7. 着任後の研究室構成:  着任後、すみやかに若手研究者1名(助教授、助手、ないしはポスドク) を公募し、研究室を構成していただく予定です。
九州大学では、男女共同参画社会基本法(平成11年法律第78号)の精神に則って教員の選考を行います。

[] Posted:2006/07/17.