融合材料部門 助教公募 令和2年12月28 日(月)(必着)

九州大学先導物質化学研究所 助教公募について

 

このたび本研究所では、下記要領により助教を公募いたします。つきましては、貴機関の関連部局などにご周知いただくとともに、適任者の推薦についてよろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。

 

九州大学 先導物質化学研究所 助教公募について 日本語版PDF

Recruitment for the Post of Assistant Professor at Institute for Materials Chemistry and Engineering, Kyushu University

 

  1. 募集人員 助教 1 名

 

  1. 所属 助教として融合材料部門・ナノ材料解析分野に配置(村山光宏教授、斉藤光准教授が在任)。研究所の概要および公募内容の詳細については、http://www.cm.kyushu-u.ac.jp/ (九州大学先導物質化学研究所ホームページ)をご参照下さい。

 

  1. 募集研究分野
    先導物質化学研究所は、融合材料部門に先導的ナノ材料解析の展開を目指す「ナノ材料解析分野」を設置しています。材料工学からナノ構造科学、表面科学、ソフトマテリアル科学およびこれらに関連する物質・材料解析研究分野の研究者を募集します。とくに、機能性材料や融合材料・デバイス開発に繋がる微細構造や物性の発現機構をナノからバルクスケールまでの階層的な視点から理解するための革新的解析手法の開発を重要課題と位置付けており、情報抽出のための新たな数学アルゴリズムの考案、または計測技術の高度化に数理統計学や機械学習を含めた先進的データサイエンスの見地から取り組むことのできる方を求めます。また、先導物質化学研究所の教員、本学他部局、他機関の研究者等との連携・共同研究に熱意をもって取り組むことのできる方を歓迎します。
    ※先導物質化学研究所は五つの部門(物質基盤化学部門、分子集積化学部門、融合材料部門、先端素子材料部門およびソフトマテリアル部門)から構成されていますが、先導物質化学研究所・融合材料部門と総理工学府が共同で部門横断型のナノマテリアル創成・解析に関する国際研究拠点(国際ラボラトリー)を令和2年度に設置しました。本国際研究拠点は、次世代マテリアル科学のための基幹技術・国際プラットホームを世界に先駆けて九州大学に設置するものであり、従来手法が適用困難な対象の計測や抽出情報量を飛躍的に向上させる革新的ナノ材料解析手法の開発はコア研究課題のひとつです。この研究課題に、融合材料部門の村山光宏教授、斉藤光准教授等と連携して取り組んでいただきます。
  1. 教育 九州大学大学院総合理工学府総合理工学専攻(令和3年4月より、現在の5専攻体制から1専攻体制に改組予定)の教員として、斉藤光准教授と共同で学生の教育と研究指導を担当していただきます。総合理工学府の内容については、ホームページ(http://www.tj.kyushu-u.ac.jp/)を参照ください。
  1. 応募資格 博士の学位を有する方。
  1. 任期 採用日から5年間。任用更新を希望する場合は、採用日から4年が経過する前後に再任審査を実施します。同審査の結果、再任可となった場合、任期は5年間です。ただし、原則として再々任はありません。(先導物質化学研究所は、平成30年度以降に採用した全ての助教に同様の任期および再任の条件を適用しています。)
  1. 提出書類
    (1) 履歴書(写真添付)
    (2)   連絡先(電話番号、電子メールアドレスを含む)
    (3)   業績リスト: (a)原著論文、(b)著書・総説、(c)プロシーディング、(d)招待・依頼講演、(e)その他、に分類し、それぞれ新しいものから順に並べてください。
    (4)   主要論文 5 編以内の別刷り(コピー可)
    (5)   これまでの研究概要と着任後の研究と教育に関する抱負(図表等を含めて A4、2ページ程度)
    (6)   その他特記事項: 特許、受賞、取得研究費の実績、特筆すべき研究業績、国外機関における研究活動実績等
    (7)   本人について所見を求め得る方(2名)の氏名・連絡先(電話番号、電子メールアドレスを含む)
  1. 公募締切日 令和2 年 12 月 28 日必着
  1. 着任時期 採用決定後、可能な限り早い時期。
  1. 応募書類提出先
    先導物質化学研究所 所長 林 潤一郎
    〒816-8580 福岡県春日市春日公園 6–1
  1. 問合せ先 林 潤一郎(e-mail: junichiro_hayashi@cm.kyushu-u.ac.jp、Tel: 092-583-7796)
  1. 注意事項
    (1)   最終選考においてヒアリングを実施することがあります。
    (2)   応募書類は返却しません。
    (3)   九州大学では男女共同参画基本法(平成11年法律第78号)の精神に則り、教員の選考を行っています。
    九州大学男女共同参画推進室の活動については以下を参照ください。http://danjyo.kyushu-u.ac.jp/

 

 

Posted:2020/10/22.