分子集積化学部門

原子・分子レベルの物質化学の未踏領域である、原子集合体(クラスター)、分子集合体、超分子の基礎化学を確立し、分子の構造、電子構造の設計、合成、物 性・反応性の開拓、機能性分子への応用を目指す。分子レベルの物性・反応性の高度な制御により、高次構造を持つ巨大分子を構築し、ボトムアップのナノテク ノロジーを確立する。新規の機能特性を有する分子や分子集合体を創成しその物性評価を行いナノ分子材料への展開を目指す。また、有機薄膜、有機結晶、有機 多孔質材料などの規則的配列を持つナノ集合体による、情報記録、表示、センサー、ナノ分子触媒などの新規ナノ機能性分子素子の開発と技術化を目指す。これ ら新分子のIT、バイオ・ライフサイエンス、環境・エネルギーに利する機能の開発を図る。