医用生物物理化学

kidoaki  ise  kuboki
教授
木戸秋 悟
准教授
伊勢 裕彦
助教
Kuboki Thasaneeya

キャンパス:伊都
協力専攻:工学府 物質創造工学専攻
研究室HP:http://www.cm.kyushu-u.ac.jp/mbbmc_imce_new/

研究内容

当研究室では高機能細胞操作ベクトル材料・分子システムの開発を行っている。分子直接観察・操作、分子間力測定、人工細胞外マトリックスのナノ加工技術の各手法を応用し、分子・細胞・組織の各階層での材料-生体成分相互作用と階層間クロストーク機構を生物物理化学に基づいて探求し、その理解を設計へフィードバックさせた生体材料分子システムの設計指針拡充のための基礎研究を進めている。具体的には、(1)メカノバイオマテリアル:表面弾性マイクロパターニング材料による細胞運動・分化操作、(2)時間軸プログラマブル材料:マルチドラッグデリバリー・組織工学のための足場材料機能の時空間プログラミング、に取り組んでいる。

jb4