物質基盤化学部門

有機分子、特に光物性、磁性、伝導性等の特異な物性を発現する物質の特性を明らかにし、特徴ある機能を発現する分子の開発を、理論化学、物性解析を用いて 設計原理の確立を行うとともに、実験的に実現する。また、有機分子の超効率・高選択反応の開発、高度に制御した物質変換法を開発する。特に、グリーンケミ ストリーをめざした超効率・無廃棄物・環境保全型の物質変換プロセスの確立 、従来の逐次型合成反応から革新的な方法論によるテイラーメイド反応への展開、高度な分子認識機能を持つ超酵素分子触媒の創成などを通して次世代に求めら れる新たな物質変換反応を目指す。また、生体内の反応、生理活性の発現の化学を物質化学的に解明しその応用を図る。IT、バイオ・ライフサイエンス、環境・エネルギーに貢献する物質化学の基盤を形成する。