ナノ界面物性分野

tamada Sou Ryuzaki  pangpang wang
教授
玉田 薫
准教授
岡本 晃一
助教
龍﨑 奏
助教
Pnagpang Wang

キャンパス:箱崎
協力専攻:理学府 化学専攻
研究室HP:http://www.cm.kyushu-u.ac.jp/ktamada/

研究内容

本研究分野では、金属・酸化物・半導体・ソフトマテリアルなどの異種ナノ材料接合界面における局所的な相互作用や協同現象の解明とそのデバイス応用について研究を行っている。分子・ナノ材料の次元構造を自己組織化により制御し、これまでにない新しい物性を引き出すことで、バイオセンシングやグリーンデバイスなど応用研究に直結する斬新な基礎研究を展開する。主に(1)銀ナノ微粒子二次元結晶シートによる協同的プラズモン励起、(2)局在プラズモンによる高感度バイオセンサーおよび高分解能バイオイメージング、(3)プラズモニクスを利用した高効率発光素子と太陽電池の開発などの研究に取り組んでいる。