物質機能評価室(高橋G)

takahashi takada
准教授
高橋 良彰
助教
高田 晃彦

物質機能評価室では、物質・デバイス領域共同研究拠点として実施される共同研究や施設利用、大学連携研究設備ネットワークの利用に関連する相談に応じております。また企業などの外部研究者からのソフトマターの構造・ダイナミックスや、高分子関連の高度分析に関する研究・技術相談にも対応しています。
お気軽に高橋までご相談ください。(高橋良彰:takahashi.yoshiaki.898(アットマーク)cm.kyushu-u.ac.jp)

キャンパス:筑紫
協力専攻:総合理工学府 物質理工学専攻
研究室HP:http://www.mm.kyushu-u.ac.jp/lab_06/

研究内容

未来型高分子系材料の開発、成形加工の効率化、リサイクル性の向上や使用エネルギーの低減といった環境適合性の改善を念頭に、天然および合成高分子・ゲル・ミセルなどのソフトマターの階層構造と基礎物性を研究している。ソフトマターが各種の相互作用で自発的に、あるいは変形・流動といった外場の作用下で形成する階層構造と力学的性質を中心とした物性の関係を、顕微鏡観察、光・X線・中性子線の散乱、赤外分光、示差熱分析、粘弾性測定などで研究し、階層構造と物性の制御法の確立を目指している。

jd1b