融合材料部門

分子ナノテクノロジー、バルク材料の微細加工、自己組織化等の手法を駆使して有機-無機-バイオ、炭素-有機など従来の学問領域の境界に位置する融合材料 の創成と応用を目指す。特に、電子機能とバイオ機能などの異分野機能の融合による新機能材料の開発と実用化基盤の確立を目指す。また、種々の材料の融合に より、生体適合、環境適合機能をはじめとする物理・化学・バイオ機能材料の開発を進めると共に、それぞれの物性を精密に評価する。また、機能発現機構の解 明と最適プロセスの開発をもとに、これら新規融合材料のナノテク、バイオ・ライフサイエンス、IT、環境・エネルギー分野に貢献する材料への展開を目指 す。