ナノ組織化分野

kikuchi okumura1 higuchi
教授
菊池 裕
准教授
奥村 泰志
助教
樋口 博紀

キャンパス:筑紫
協力専攻:総合理工学府 量子プロセス理工学専攻
研究室HP:http://kikuchi-lab.cm.kyushu-u.ac.jp/index.html

研究内容

分子の自己組織化は、化学、物理、生物などの複数の学問分野にまたがる共通の基本的課題であるばかりでなく、将来のボトムアップ型デバイスの根幹となる基盤技術として実用の観点からも注目されている。当研究室では、液晶や高分子などの分子自己組織空間のトポロジカルフラストレーションを化学的・物理的にプログラミングし、特異なフォトニック構造・機能を有する新規ソフトマターの開発を行っている。これまで、光や電場などの刺激で光伝搬の制御が可能な新規機能性材料の開発に成功している。