11月2日(金)「全自動1細胞解析単離装置の開発と応用ー細胞工学研究における意義ー」講師:黒田 俊一 先生

関係各位

非常勤講師講演会を開催いたします。
多数、ご来聴賜りますようご案内申し上げます。

木戸秋 悟

**************************************************************************************************************************

日 時 : 11月2日(金)15:00~16:15
場 所 : 先導研伊都地区CE41 第一セミナー室A(1F奥)
講 師 : 黒田 俊一 先生(大阪大学 産業科学研究所 生体分子反応科学研究分野 教授)
 
講演題目:『全自動1細胞解析単離装置の開発と応用ー細胞工学研究における意義ー』

**************************************************************************************************************************
講演概要:
数十万規模のセルアレイから特定の特徴を有する細胞を1細胞単位で非侵襲的に全自動単離できる装置を3企業と共同開発した。本装置を用いると、細胞工学領域においてデファクトスタンダードであるセルソーターでは実施不可能な様々な細胞実験が可能になる。本セミナーでは、本装置の概要を紹介するとともに、我々および共同研究者により開発された様々な本装置の応用例を紹介する。具体的には、幹細胞の1細胞育種、有用タンパク質(抗体)産生細胞の1細胞育種、ヒトサイトカイン受容体発現酵母による同アゴニストのde novoスクリーニング、バクテリアの1細胞育種、特定匂い分子からの担当嗅覚受容体の網羅的解析(時間分解セルアレイサイトメトリーによる)などである。本セミナー内容が、皆さんの新しい細胞工学手法を発案する契機となれば幸いである。

Posted:2018/10/12.