5月30日(金)「第1回九州大学炭素資源国際教育研究センター講演会」

研究所教職員各位

 以下の講演会を実施します。北大の林先生は、今年度の先導研の客員教授ですので、客員教授としての講演会も兼ねさせていただきます。研究室の学生さんへのアナウンスと、ご興味のある方の積極的なご参集をお願い申し上げます。

第1回九州大学炭素資源国際教育研究センター講演会

「炭素資源と環境に関わる技術と展望」

共催:石油学会九州・沖縄支部
     日本エネルギー学会西部支部
日時:2008年 5月30日(金)13:00~16:30
会場:九州大学筑紫キャンパス総合研究棟(C-CUBE)筑紫ホール

  [プログラム]
  13:00~13:10  開会

13:10~14:10  講演1
  「固体炭素系資源変換のシーケンス – 将来の物質・エネルギー再生システムの実現に向けて」
    講師:林 潤一郎
     (北海道大学エネルギー変換マテリアル研究センター 教授)

14:15~15:15  講演2
   「石油関連技術の最新動向:プロピレン製造と燃料電池」
    講師:岡崎 肇
    (新日本石油(株)中央技術研究所所長)

15:30~16:30  講演3
   「地球環境問題緩和とCO2削減技術」
     講師:藤岡 祐一
    (地球環境産業技術研究機構 主席研究員)

参加費:無料

*ご参加の際には予めご一報頂ければ幸甚です。

  世話人 寺岡 靖剛
  連絡先 永長 久寛  九州大学大学院総合理工学研究院
                                        エネルギー物質科学部門

Posted:2008/05/26.