ライブラリー

講師セミナー2019年度

190620 先導研非常勤講師講演会
日時:6月20日(木)15:00~16:20
場所:先導研伊都地区CE41 第一セミナー室A(1F奥)

講師: 日比野 浩 先生
 新潟大学 医歯薬学総合研究科 教授
 
講演題目:『内耳における音の受容・応答機構』

講演概要:
聴覚は、動物にとって必須の感覚である。ヒトの聴覚は、ピアノを凌駕する10オクターブもの周波数を捉える一方で、100万倍もの音圧差を受容する。外界からの音は、外耳・中耳を経て、内耳の“蝸牛”に到達する。そして、蝸牛内部の「感覚上皮帯」と呼ばれる高度に分化した細胞層に、ナノ振動を発生させる。この事象が、聴覚の端緒となる。機械的な振動は、感覚上皮帯に含まれるセンサ細胞により、電気信号へと変換され、ケーブルに喩えられる神経線維を通じてコンピュータである脳へと伝えられる。これらのプロセスは、感覚上皮帯の特殊な部品の働きや生体固有の力学反応によって調節されている。本講演では、音振動に対する尖鋭な受容・応答機構を概説するとともに、異分野連携を介した我々の取り組みの一端を紹介する。

191018 先導研非常勤講師講演会
日時:10月18日(金)15:00~16:20
場所:先導研伊都地区CE41 第一セミナー室A(1F奥)

講師: 辰巳 仁史 先生
 金沢工業大学 バイオ・化学部 応用バイオ学科 教授
 
講演題目:『力の受容におけるアクチン線維の多様な役割』

講演概要:
細胞は、重力や外力のみならず体内の骨格筋や平滑筋の動きに起因する様々な機械的刺激に晒され、これら力学刺激を受容して細胞内骨格の形態変化などさまざまな応答を示す。生体膜や細胞骨格は外部からの力が働き、またアクチンストレス線維は自ら収縮することもできるので内在ストレスが存在し、細胞の成長、分裂、形態変化、運動に伴って変化して、細胞応答を修飾する。このように力受容は生命科学において重要な地位を締めているが、力の受容を行っている分子機構のほとんどは未解明の状態である。その最大の理由は、機械刺激の感知機構、言い換えるとメカノセンサーの分子実体が多くの場合同定されておらず、さらにメカノセンサーが細胞の構造や機能に影響をあたえる仕組みの多くが不明な点にある。本研究では蛍光分子と偏光イメージング顕微鏡でアクチン線維が備えている力学受容の仕組みを解明するこころみを紹介する。

**************************************************************************************************************************************

雑誌会2019年度

190424 N. Jain and V. Vogel, “Spatial confinement downsizes the inflammatory response of macrophase”, Nat. Mater. 17, 1134-1144, (2019)/担当:政池

190424 S. Zeng et al., “Long noncoding RNA LINC00675 enhances phospholylation of vimentin on Ser83 to suppress gastric cancer progression”, Cancer Lett. 412, 179-187, (2018)/担当:ファン

190515 G.C. Yeo et al., “Soluble matrix protein is a potent modulator of mesenchymal stem cell performance”, PNAS 116, 2042-2051, (2019)/担当:郭

190515 C. Ergen et al., “Liver fibrosis affects the targeting proteins of drug delivery systems to macrophase subsets in vivo”, Biomaterials 206, 49-60, (2019)/担当:ソン

190522 M. Lin et al., “Adsorption force of fibronectin controls transmission of cell traction force and subsequent stem cell fate”, Biomaterials 162, 170-182, (2018)/担当:金城

190522 E.M. Christiansen et al., “In Silico Labeling: Predicting fluorescent labels in unlabeled images”, Cell 173, 792-803, (2018)/担当:江端

190605 X. Ye et al., “Surgical tumor-derived personalized photothermal vaccine formulation for cancer immunotherapy”, ACS Nano 13, 2956-2968, (2019)/担当:黄

190605 Z. Ying et al., “Short-term mitochondrial permeability transition pore opening mudulates histone lysine methylation at the early phase of somatic cell reprogramming”, Cell Metabolism 28, 935-945, (2019)/担当:久保木

190703 L. Yu et al., “Low cell-matrix adhesion reveals two subtypes of human pluripotent stem cells”, Stem Cell Reports 11, 142-156, (2018)/担当:王

190703 L. Su et al., “Role of vimentin in modulating immune cell apoptosis and inflammatory responses in sepsis”, Sci. Rep. 9, 5747, (2019)/担当:ソン

190724 A. Bertolo et al., “Authofluorescence is a reliable in vitro marker of cellular senescence in human mesenchymal stromal cells”, Sci. Rep. 9, 2074 (2019)/担当:郭

190724 A.R. Killaars et al., “Extended exposure to stiff microenvironments leads to persistent chromatin remodeling in human mesenchymal stem cells”, Adv. Sci.1801483 (2018)/担当:金城

191016 S. Ng. et al., “Mechanically and chemically defined hydrogel matrices for patient-derived colorectal tumor organoid culture”, Biomaterials 219, 119400 (2019)/担当:岩下

191016 L. Haversen et al., “Vimentin deficiency in macrophases induces increased oxidative stress and vascular inflammation but attenuates atherosclerosis in mice”, Adv. Sci.8, 16973 (2018)/担当:ファン

セミナー記録

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

卒業メンバーの研究テーマ

2010〜

[Top]

  • 九州大学
  • 九州大学 先導物質科学研究所
  • 九州大学 工学研究院応用科学部門分子教室
  • 九州大学 伊都新キャンパス