2017

講師セミナー2017年度

171117 先導研非常勤講師講演会
日時:11月17日(金)14:00~15:20
場所:先導研伊都地区CE41 第一セミナー室A(1F奥)

講師: 成瀬 恵治 先生
   岡山大学大学院医歯薬学総合研究科システム生理学 教授
 
講演題目:『メカノメディシン:メカノ医工学を駆使した再生医療・生殖医療への展開』

講演概要:
 我々の体は外界からだけではなく体内においても様々な力学的・機械的刺激(メカニカルストレス)を受容し、応答することで正常な生理機能を維持している。メカニカルストレスの受容応答機構は細胞分裂、発生過程、臓器機能発現など広範な時空間スケールにわたる生理機能の調節に寄与しており、メカニカルストレス受容応答機構の破綻が様々な病態に関与していることを示唆するエビデンスが集積されてきた。メカノセンサー分子→細胞→組織→臓器→個体レベルでの縦糸的研究に各種臓器の疾患という横糸的研究を加えた布陣をとり、メカノバイオロジーを切口とした病態解明を基に、新規治療法を開発するメカノ医療(メカノメディスン)の確立を目指し、これまでに数々の新規研究方法や研究システムを開発し問題を解決してきた。
 本講演ではメカノバイオロジーに関する基礎医学的研究、特にメカニカルストレス受容機構を概説し、その研究過程で派生した再生医療(自己集合化ペプチドを用いた3次元培養+メカニカルストレス負荷システム)・生殖補助医療(マイクロ流路良好運動精子分離システム・ストレッチ刺激負荷受精卵培養システム)への展開を紹介する。

参考文献
1. Molecular identification of a eukaryotic, stretch-activated nonselective cation channel. Science, 285,882-886, 1999
2. Mechanical behavior in living cells consistent with the tensegrity model. PNAS, 98, 7765-70, 2001
3. Subcellular positioning of small molecules. Nature, 411, 1016, 2001
4. Fabrication of reconfigurable protein matrices by cracking. Nature Materials, 4, 403-406, 2005
5. TRPV2 is critical for the maintenance of cardiac structure and function in mice. Nature Commun, 5: 3932, 2014

171117 先導研非常勤講師講演会
日時:11月17日(金)15:40~16:50
場所:先導研伊都地区CE41 第一セミナー室A(1F奥)

講師: 木岡 紀幸 先生
   京都大学大学院農学研究科 准教授
 
講演題目:『細胞外マトリックスの硬さを感知するメカノセンサー
             ~接着斑タンパク質ビンキュリン-ビネキシン~』
講演概要:
 細胞を取り囲む細胞外マトリックス(ECM)は、その種類だけでなく、「硬さ」といった物理的な性質も細胞の運命決定に重要であることが示され注目を集めている。例えば間葉系幹細胞は軟らかいECM 上では脂肪細胞に分化しやすいが、硬いECM上では骨芽細胞に分化しやすくなる。またがん細胞は周辺の組織を硬くする一方で、硬い細胞外微小環境ががん細胞の遊走や増殖を促進する。細胞は、細胞-ECM 間の接着装置である接着斑を介してECM を引っ張ることで、ECM の硬さを感知していると考えられているが、その分子メカニズムは不明である。
 私たちは、アクチン繊維と直接結合する接着斑タンパク質ビンキュリンが2 つのコンフォーメーション(Open/Closed 型)を持つことから、この構造変化が硬さを感知するセンサーとして働いていると考え、その可能性について検討してきた。本講義では、ビンキュリンはECM の硬さに応じて別の接着斑タンパク質ビネキシンと相互作用するとともに構造変化すること、硬いECM による繊維芽細胞の細胞遊走の亢進や間葉系幹細胞の脂肪細胞への分化抑制にビネキシンやビンキュリンが必要であることを紹介し、ビンキュリン-ビネキシンがECM の「硬さ」を感知するメカノセンサーとして働き、細胞機能を制御していることを述べる。

雑誌会2017年度

170512 M. Bergert et al., “Confocal reference free traction force microscopy”, Nat. Commun. DOI:10.1038/ncomms12814 (2017)/担当:江端

170512 A.W.M. Haining et al., “All subdomains of the talin rod are mechanically vulnerable and may contribute to cellular mechanosensing”, ACS Nano 10, 6648-6658 (2017)/担当:政池

170525 V. Frank et al., “Frequent mechanical stress suppresses proliferation of mesenchymal stem cells from human bone marrow without loss of multipotency”, Sci. Rep. 6, 24264 (2016)/担当:佐々木

170525 B.D. Cosgrove et al., “N-cadherin adhesive interactions modulate matrix mechanosensing and fate commitment of mesenchymal stem cells”, Nat. Mater. 15, 1297-1306 (2016)/担当:森山

170602 A. Mellati et al., “Microengineered 3D cell-laden thermoresponsive hydrogels for mimicking cell morphology and orientation in cartilage tissue engineering”, Biotech. Bioeng. 114, 217-231 (2017)/担当:政池

170602 J. Hu et al., “A smart aminoglycoside hydrogel with tunable gel degradation, on-demand drug release, and high antibacterial activity”, J. Contl Release. 247, 145-152 (2017)/担当:黄

170621 T. Mohan et al., “Interaction of tissue engineering substrates with serum proteins and its influence on human primary endotherial cells”, Biomacromolecues 18, 413-421 (2017)/担当:乕谷

170621 Y-C. Lee et al., “Evidence of preserved collagen in an early jurassic sauropodomorph dinosaur revealed by synchrotron FTIR microscopy”, Nat. Commun. 8, 14220 (2017)/担当:藤澤

170707 C.M. Kenific et al., “NBR1 enebles autophagy-dependent focal adhesion turnover”, J. Cell Biol. 212, 577-590 (2017)/担当:久保木

171004 C. Sun et al., “Immunomagnetic separation of tumor initiating cells by screening two surface markers”, Sci. Rep. 7, 40632 (2017)/担当:山下

171004 K. Ikeda et al., “Cell fiber-based three-dimensional culture system for highly efficient expansion of human induced pluripotent stem cells”, Sci. Rep. 7, 2850 (2017)/担当:王

171011 W. Zhang et al., “Supramolecular self-assembly bioinspired synthesis of luminescent gold nanocluster-embedded peptide nanofibers for temperature sensing and cellular imaging”, Bioconjugate Chem. 28, 2224 (2017)/担当:大澤津

171011 M.A. Mohr et al., “Rational engineering of photoconvertible fluorescent proteins for dual-color fluorescence nanoscopy enabled by a triplet-state mechanism of primed conversion”, Angew. Chem. 129, 11786 (2017)/担当:ファン

171018 M. Burns et al., “Miscibility transition temperature scales with growth temperature in a Zebrafish cell line”, Biophys.J. 113, 1212 (2017)/担当:藤澤

171018 A. Roch et al., “Single-cell analyses identify bioengineered niches for enhanced maintenance of hematopoietic stem cells”, Nature Commun. 8:221 (2017)/担当:乕谷

171101 W. Graisuwan et al., “Thermoresponsive and active fiber mats for cultured cell recovery”, Biomacromolecules doi:10.1021/acs.biomac.7b00382 (2017)/担当:大澤津

171108 S. Jeon et al., “Shift of EMT gradient in 3D spheroid MSCs for activation of mesenchymal niche function”, Sci. Rep.7, 6859 (2017)/担当:乕谷

171108 M. Guo et al., “Cell volume change through water efflux impacts cell stiffness and stem cell fate”, PNAS doi:10.1073/pnas.1705179114 (2017)/担当:政池

171115 R. Kawamura et al., “A new cell separation method based on antibody-immobilized nanoneedle arrays for the detection of intracellular markers”, Nano lett. 17, 7117 (2017)/担当:藤澤

171115 T. Miyazaki et al., “Efficient adhesion culture of human pluripotent stem cells using laminin fragments in an uncoated manner”, Scip Rep.7, 41165 (2017)/担当:王

171122 L.T. Geller et al., “Potential role of intracellular bacteria in mediating tumor resistance to the chemotherapeutic drug gemcitabine”, Science 357, 1156 (2017)/担当:黄

171122 D. Baran et al., “Principles for computational design of binding antibodies”, PNAS 114, 10900-10905 (2017)/担当:ファン

171129 H. Xu et al., “The b-glucan from Lentius edodes suppresses cell proliferation and promotes apoptosis in estrogen receptor positive breast cancers”, Oncotarget 8, 86693-86709 (2017)/担当:大澤津

171129 H. Uchida et al., “Human muse cells reconstruct neuronal circuitry in subacute lacunar stroke model”, Stroke 48, 428-435 (2017)/担当:山下

180124 C. Yang et al., “Spatially patterned matrix elasticity directs stem cell fate”, PNAS 113, E4439-E4445 (2016)/担当:B3吉田/政池(応化演習予聴会)

過去のセミナー

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

ライブラリーに戻る

[Top]

  • 九州大学
  • 九州大学 先導物質科学研究所
  • 九州大学 工学研究院応用科学部門分子教室
  • 九州大学 伊都新キャンパス