Past theme

卒業メンバーの研究テーマ

G11 山下聖人:2018卒業論文『Muse細胞の磁気分離担体の開発』

G9 乕谷翠:2018修士論文『セルロースナノファイバー分散系による間葉系幹細胞の休眠培養-品質保持評価および幹細胞操作への応用-』

G9 藤澤貴宏:2018修士論文『三重らせん構造を保持した弾性率可変なコラーゲンゲルの開発』

G9 大澤津正稀:2018修士論文『単一種幹細胞からの器官原基形成に向けた上皮間葉相互作用の力学場設計モデル』

G8 水本健太:2017修士論文『ラミニン固定化弾性率可変ハイドロゲル基材を用いたiPS細胞のフィーダーフリー分散培養』

G8 仲村悠:2017修士論文『弾性率可変三次元培養基材を用いたがん細胞浸潤挙動の評価』

G8 山崎貞徳:2017修士論文『細胞骨格タンパク質ビメンチンの細胞膜表出機構の解明とGlcNAc結合活性の評価』

G7 池上晃太郎:2016修士論文『血管内皮細胞の高効率脈管形成のためのマイクロファイバーゲルマトリックスの力学場設計』

G7 宮永亮祐:2016修士論文『微視的応力分布を可視化するFRETペア導入ハイドロゲルの設計』

G6 久保田有貴:2015修士論文『運動表現型診断のための流れー弾性場共役細胞クロマトグラフィー』

G6 浜野浩佑:2015修士論文『分化フラストレート幹細胞の牽引力顕微解析』/2013卒業論文『細胞運動表現型診断のための弾性パターニングゲル牽引力顕微解析』

G5 内海彩香:2014修士論文『ラミニン固定化弾性率可変ゼラチンゲルを用いたiPS細胞のフィーダーフリー分散培養』/2012卒業論文『マイクロ弾性パターニングゲルの弾性境界形状設計による細胞メカノタクシスの高効率誘導』

G5 緒方彩:2014修士論文『細胞の三次元運動を制御するナノ・マイクロファイバーゲルマトリックスの弾性分布設計』

G4 安藤涼祐:2013修士論文『ファイバーメッシュパターニングによる細胞の接触走性制御』

G4 上村洋介:2013修士論文『細胞メカノタクシスを制御する基材弾性勾配条件の系統的評価』

G4 門脇直美:2013修士論文『組織拡張ミクロゲルを用いた電界紡糸ナノファイバーマトリックスへの細胞侵入促進技術の開発』

G4 陣内秀平:2013修士論文『弾性マイクロパターニングゲルを用いた幹細胞分化フラストレーションの誘導』

G3 中島啓:2012修士論文『細胞培養力学場条件による遺伝子導入効率の調節に関する研究』

G3 鶴崎聡:2012修士論文『弾性勾配ゲル界面における細胞メカノタクシスの牽引力ダイナミクス解析』

G2 松尾瞳:2011修士論文『クロススプレー電界紡糸を用いたナノファイバーメッシュの迅速機能化法の開発』

G2 坂下寛幸:2011修士論文『非対称弾性勾配ゲルを用いた細胞運動の長距離整流化』

G2 篠原祐介:2010修士論文『表面弾性及び細胞接着因子修飾量の複合設計による細胞運動操作 -メカノ-ハプトタクシス誘導条件の探索-』

G1 富永賢吾:2010修士論文『バイオケミカルモジュレーションを指向した2種抗癌剤の時間差徐放ナノファイバーメッシュシートの開発』

G1 光武真吾:2010卒業論文『細胞のフラストレーション運動を誘導する表面弾性マイクロパターニングゲルの作製』

[Top]

  • 九州大学
  • 九州大学 先導物質科学研究所
  • 九州大学 工学研究院応用科学部門分子教室
  • 九州大学 伊都新キャンパス