多次元分子配列分野の谷 文都 准教授、東北大学らの共同研究グループが錯体結晶のように規則正しい構造をもち、金属原子が整然と配列した炭素系触媒を開発しまた(2017/7/25)

本研究所の多次元分子配列分野の谷 文都 准教授、東北大学らの共同研究グループによる「カーボンの中に金属が規則配列した触媒-CO2削減や燃料電池の白金代替に期待-」の研究成果についてお知らせします。

◆プレスリリースの詳細(全文)はこちら
PRESS RELEASE(2017/7/25)

Posted:2017/07/26.