1月23日(水)講演 「メカノバイオロジ」 講師 成瀬 恵治 先生

関係各位

先導研客員教授講演会を開催いたします。
多数、ご来聴賜りますようご案内申し上げます。

*******************************************************************
講師:成瀬 恵治 先生(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科システム循環生理学教授) 

日時:1月23日(水)15:00~

場所:先導研伊都地区 CE11 2階会議室

講演題目:『メカノバイオロジー』

要旨:
 細胞は外部環境から様々なインプットを適切に受容-応答し、ホメオスタシスを維持している。しかし、ストレッチ刺激、ずり応力刺激などの物理的刺激に対する受容-応答機構の詳細については不明な点が多い。そこでシリコンエラストマー(polydimethylsiloxane, PDMS)を素材としたソフトリソグラフィーを駆使し機械受容依存的細胞内情報伝達機構(メカノトランスダクション)に関する研究をおこなってきた。このソフトリソグラフィーを用いるとミリメートルオーダーから、ナノメートルオーダーまでの造形物を鋳型に対して作成することが可能である。
 本講演ではこのソフトリソグラフィーを用いた基礎医学的研究(・細胞ストレッチ刺激チャンバーを用いた機械受容チャネルの分子生理学的研究、・マイクロ・コタクトプリンティング法を用いた細胞形態制御、・マイクロチャネル を用いた流体力学的研究)とその臨床応用(生殖補助医療、再生医療)について講演する。

————————————————
木戸秋 悟
九州大学・先導物質化学研究所(伊都地区)
分子集積化学部門・生命分子化学分野
大学院工学府物質創造工学専攻・超分子化学講座(協力)
〒819-0395 福岡市西区元岡744  CE11棟115号室
TEL: +81-92-802-2507
FAX: +81-92-802-2509
E-mail: kidoaki@ms.ifoc.kyushu-u.ac.jp
研究室: http://133.5.140.175/Biomol/top.html
応化分子教室:http://www.cstm.kyushu-u.ac.jp/
Global COE “Future Molecular Systems”: http://www.cstm.kyushu-u.ac.jp/gcoe/

Posted:2008/01/10.