1月18日(水)「リチウム・ナトリウムイオン電池用正極材料の発展と将来展望」「次世代リチウム過剰高容量正極材料の研究」講師:藪内直明先生

先導物質化学研究所 教職員各位

先導研非常勤講師の東京電機大学・准教授の藪内直明先生お招きし特別講義を開催いたします。
みなさまのご来聴をお待ち申し上げます。

——————————————————————————————————————————-

講 師 : 藪内直明 先生(東京電機大学・准教授)

日 時 : 平成29年1月18日(水)13:00~15:05
   
会 場 : 筑紫地区先導研中央棟111演習室

プログラム:
【特別講義】
13:00-14:30 リチウム・ナトリウムイオン電池用正極材料の発展と将来展望
14:30-14:35 休憩
【特別講演】
14:35-15:05 次世代リチウム過剰高容量正極材料の研究

講義の概要:
リチウムイオン電池は1991年にビデオカメラ用の電源として開発されたが、現在では電気自動車の電源にも使われており、その技術は20年以上に渡り進化を続けてきた。本講義ではリチウムイオン電池用正極材料の発展の歴史を振り返り、また、近年研究開発が急速に進んでいるナトリウムイオン電池を含めて、蓄電池の将来展望を述べる。

 

連絡先
先導物質化学研究所 先端素子材料部門
岡田重人
電話:93-7841

Posted:2017/01/06.