10月7日(金)「内包フラーレンの電子状態と構造」講師:日野 照純 先生

各位

来週月曜日に下記のセミナーを行います。ご興味のある方の多数のご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願い致します。 吾郷

————————————————————————————————————
 日 時 : 平成25年10月7日(金)16:00から
 講 師 : 日野 照純 先生(愛媛大学大学院理工学研究科・教授)
 題 目 : 「内包フラーレンの電子状態と構造」
 場 所 : 筑紫キャンパスA棟中央111号セミナー室
————————————————————————————————————

 フラーレンケージ内の空間には原子や原子団を取り込むことができる。これら原子団等に金属原子が含まれる場合、内包金属原子はその価電子をフラーレンケージに与えるので、フラーレンの電子状態は大きく変化する。光電子分光法は物質の電子状態を直接に測定できるので、この電子状態変化を明らかにすることができる。また、最近理論計算が実験的に得られる光電子スペクトルを良く再現できるほど精度が向上してきたことから、実測と理論を比較対照することにより、原子団を内包したフラーレンケージや内包原子団構造を推定することも可能となってきた。本セミナーでは、光電子分光法によって測定された内包フラーレンの電子状態を示すとともに、内包原子団の構造をどのように推定しているかについての最近の結果を述べる。

* 詳細は添付ファイルをご覧ください。

**********************************************************
吾郷浩樹(Hiroki Ago)
九州大学 先導物質化学研究所
(大学院 総合理工学府 量子プロセス理工学専攻)
Tel&Fax: 092-583-7817
URL: http://nano.cm.kyushu-u.ac.jp/ago
**********************************************************

 

Posted:2013/10/03.