12月15、16日「X線吸収分光法とDV-Xa分子軌道法を用いた金属イオンおよび金属錯体の溶存構造解析」講師:栗崎 敏 先生

先導研教職員 各位

先導研非常勤講師、福岡大学・准教授の栗崎 敏先生による特別講義を開催いたします。
みなさまのご来聴をお待ち申し上げます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 日 時 : 平成27年12月15日(火)15:00~17:30
       平成27年12月16日(水)15:00~17:30
 会 場 : 筑紫地区先導研中央棟111演習室
 講 師 : 栗崎 敏 先生(福岡大学理学部化学科・准教授)
 題 目 : 「X線吸収分光法とDV-Xa分子軌道法を用いた金属イオンおよび金属錯体の溶存構造解析」

講義の概要
溶液中の金属イオンや金属錯体の構造を明らかにすることは、触媒反応や生体内での酵素などの反応を理解する上で非常に重要である。しかしながら、溶液中では金属イオンや金属錯体は様々な化学種が平衡状態で存在しており、これらの化学種の構造を決定することは困難である。一方、X線吸収分光法は物質の状態によらず特定元素周りの局所構造を明らかにすることが可能である。これまで我々はX線吸収分光法とDV-Xa分子軌道法を組み合わせることで溶液中の金属錯体の立体構造と電子構造を明らかにすることが可能であることを報告している。今回はX線吸収分光法とDV-Xa分子軌道法を用い金属イオンと金属錯体の溶存構造解析を行った例研究例を報告する。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


***** 連絡先 *******************************************
岡田重人 先導物質化学研究所 先端素子材料部門 電話:93-7841
*******************************************************
Posted:2015/11/27.