12月15日(火)「可変なシワ構造とその応用例」講師:大園 拓哉 先生

関係各位


非常勤講師講演会を開催いたします。多数、ご来聴賜りますようご案内申し上げます。

****************************************************************************************************************************

  日  時 : 12月15日(火)14:00~15:00

  場  所 : 先導研伊都地区CE41 第一セミナー室A(1F奥)

  講  師 : 大園 拓哉 先生(産業技術総合研究所ナノシステム研究部門 研究グループ長)
 
  講演題目 : 『可変なシワ構造とその応用例』

講演概要:
界面は多くの現象に物理的境界条件として関わる.例えば,表面の凹凸構造等の形状は,その界面を反射する光の特性や,その表面上に置かれた液体の濡れ現象などに強く影響する.そのため,注目する物理現象と人工パターン等の構造との相関が様々な実験系で調べられてきている.その構造に影響された現象の出力状態,例えば,光散乱,液体濡れ,摩擦,液晶配向等の状態,を外部からの刺激によってダイナミックに調節できることもある.この場合の動的な調節能は新たな機能となり,工学的応用の観点では特に価値がある.今回は,このような動的機能を発現できる系として,座屈により自己組織化する形状可変シワ構造を,その応用例と共に紹介したい.

****************************************************************************************************************************

------- 問い合わせ ---------------
木戸秋 悟
九州大学・先導物質化学研究所(伊都地区)分子集積化学部門・医用生物物理化学分野
〒819-0395 福岡市西区元岡744  CE41棟204号室 TEL: 092-802-2507, FAX: 092-802-2509
Posted:2015/11/27.