6月22日(金)「環境調和循環型デジタル社会に求められる化学技術について考える」講師:前 一広先生

先導研各位

6月22日(金)15:00より、当研究所客員教授・前 一広先生(京都大学工学研究科・教授)をお招きし、講演会を開催いたします。お時間のある方は是非ともご参加くださますようお願い申し上げます。

前 一広先生は、化学工学会・会長職(H27-28年度)、ナショナルプロジェクトPL、産学連携コンソーシアムのコアメンバー等を歴任してこられ、また、企業経験を経て大学研究者(専門:反応工学、化学工学)としての本務を続けてこられた方です。本講演会は以下の内容と要領で開催いたしますが、今後の化学産業のあり方、産学連携のあり方を俯瞰的に、かつ、マイクロリアクター開発、化学品生産システム開発などの具体的事例を通じてお話しいただきます。

==================================================================-
場  所 : 先導物質化学研究所(筑紫)111 演習室
時  間 : 6/22(金)15:00~16:30(質疑応答を含む。途中で休憩を入れます)
講演題目 : 「環境調和循環型デジタル社会に求められる化学技術について考える」
講  師 : 前 一広先生(京都大学工学研究科・教授)

概要
・今後の日本の化学産業は?
・モジュール型生産技術への革新へ
・社会実装するための産学連携について考える

問い合わせ先
先導物質化学研究所・先端素子材料部門 林潤一郎
TEL: 092 583 7796

Posted:2018/05/23.