9月29日(木)「企業の研究開発-オレフィン重合触媒を例に」講師:藤田照典先生

先導研筑紫地区各位

藤田照典博士講演会

藤田博士は、三井化学(株)でポリオレフィン製造触媒で世界最高峰のFI触媒を作られただけでなく、企業からの学術情報発信も積極的にされ、多くのオレフィン重合に関する論文を発表されてきました。その業績は、この分野での日本の化学への高い評価につながっています。三井化学の袖ケ浦センターでの触媒研究所長等を務められたのち、三井化学シンガポールR&Dセンターの社長を務められ、GCOEやリーディング大学院で工場見学等で大変お世話になっております。現在、フェローとして三井化学の技術をリードされるとともに、学術会議やJST、高分子学会や触媒学会で多くの役職を務められ、わが国の科学技術の発展に力を尽くされております。
今回、先導研客員教授として招聘させていただき、29日に筑紫、30日に伊都でご講演をいただきます。同じ演題ですが、筑紫での講演会はできるだけリラックスして、現場の状況や企業の本音を含めた意見交換の会にしたいと考えております。皆さまのご来場を期待します。

日  時 : 平成28年9月29日(木) 15時30分~17時
場  所 : 先導研南棟(A棟)112講義室
講演題目 : 「企業の研究開発-オレフィン重合触媒を例に」
講  師 : 藤田照典(三井化学(株))

(連絡先) 永島英夫(筑紫7819)

Posted:2016/09/20.