11月29~30日 「平成24年度物質機能化学領域部会第1回研究集会」を開催

「平成24年度物質機能化学領域部会第1回研究集会」を開催します。

平成24年度 物質機能化学領域部会 第1回研究集会
「ケイ素科学と炭素科学の融合・σ共役とπ共役が作り出す未来材料の可能性」

  • 主催: 物質・デバイス領域共同研究拠点 物質機能化学研究領域部会
  • 共催: 九州大学グローバルCOEプログラム「新炭素資源学」
  • 協賛: ケイ素化学協会
  • 日時: 2012年11月29日(木)~30日(金)
  • 場所: 九州大学筑紫キャンパス 先導物質化学研究所  総理工A棟1階 112講義室
  • 参加費: 無料

<オーガナイザーからのメッセージ>
ケイ素と炭素は同じ14族元素ですが、ケイ素化合物ではσ共役系が、炭素化合物ではπ共役系が重要な役割を果たしており、これがケイ素及び炭素の機能性材料の特徴になっています。今回、ケイ素材料科学と炭素材料科学の融合をメインテーマとし、有機化学、無機化学、炭素科学、元素科学、高分子科学、応用物理といった幅広い分野の産官学の研究者が一堂に会して議論する研究集会を企画しました。大学、企業、研究機関の皆様のご参加をお待ちしています。

◆ プログラム

⇒ プログラムはこちらをご覧ください。
⇒ 「参加申込フォーム」等詳細はこちらをご覧ください。

◆ お問い合わせ先

九州大学先導物質化学研究所・物質機能評価センター (権藤)
TEL: 092-583-8898
E-mail: kyoten@cm.kyushu-u.ac.jp

[],[] Posted:2012/09/04.