ブラシ状高分子を用いた環境に優しい接着の自在制御に成功

高原 淳教授、JST戦略的創造研究推進事業 ERATO 型研究 研究総括

高原淳 九州大学先導物質化学研究所 教授と、小林元康 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業 ERATO 型研究「高原ソフト界面プロジェクト」グループリーダーは、材料表面にナノメートルオーダーの厚みを持つ歯ブラシ状の構造を作製し、水を挟んで貼り合わせるだけで繰り返し接着と剥離を行うことができる新しい低環境負荷型の接着法を発表しました。

◆プレスリリースの詳細(全文)はこちら

 

Posted:2011/05/23.