分子集積化学部門の高原教授が日本中性子科学会「学会賞」を受賞(2020年11月)

分子集積化学部門の高原淳教授が日本中性子科学会より「学会賞」を受賞しました。

日本中性子科学会の「学会賞」は、中性子科学の進歩発展に著しく寄与しその業績が顕著な者に対して授与されるもので、2020年度は九州大学 先導物質化学研究所の高原 淳(たかはら あつし)教授が受賞しました。
受賞テーマ:「中性子反射率測定によるソフト界面の構造評価」

Posted:2020/11/12.

村山研の斉藤光准教授が第15回(2021年)日本物理学会若手奨励賞を受賞しました(令和2年11月)

村山研の斉藤光准教授が第15回(2021年)日本物理学会若手奨励賞を受賞しました。(令和2年11月)
https://www.jps.or.jp/activities/awards/jusyosya/wakate2021.php 受賞者一覧(五十音順)

領域10: 構造物性(誘電体,格子欠陥・ナノ構造,X線・粒子線,フォノン)
対象研究/電子線分光によるプラズモニック結晶の研究

Posted:2020/11/05.

2020年9月9日の午後にソウル大と九大の材料科学分野の合同シンポジウムをオンラインで開催します

このシンポジウムではソウル大と九大の材料科学分野の活発な若手研究者に講演をお願いし、活発な意見交換を行い、将来の共同研究へと発展させていただく事を期待しています。

SNU-KYUSHU ONLINE JOINT SYMPOSIUM

PROGRAM SNU-KYUSHU ONLINE JOINT SYMPOSIUM

学会シーズンでお忙しい時期ですが、多数御参加いただきますようお願いします。
一部の参加でも構いません。学生さんにも参加を呼びかけていただければ幸いです。

合同シンポジウムに事前登録する:
https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZMuc-mqqToiHdV95a3sRB3dCSuICmSVrDxQ

登録後、ミーティング参加に関する情報の確認メールが届きます。

なおこのシンポジウムはKyushu University Asia Week 2020の一環として開始されます。
https://asiaweek.kyushu-u.ac.jp/

Posted:2020/09/04.

【拠点】新型コロナウィルス感染症対策・支援及び研究課題の公募について

先導物質化学研究所では、拠点・アライアンスと連携して、「新型コロナウイルス感染症対策」に伴う研究支援や「新型コロナウイルス感染症に関する共同利用・共同研究課題」の公募を実施しています。詳細は、拠点HP( http://five-star.tagen.tohoku.ac.jp/)をご確認いただくか、あるいは、当研究所までお問合せ下さい( kyoten@cm.kyushu-u.ac.jp)。

Posted:2020/06/04.

Chemical Sciences and Society Summit ”Science to Enable Sustainable Plastics” (CS3 国際化学サミット)の白書が公開されました

ロンドンの王立化学協会の Burlington House で開催された Chemical Sciences and Society Summit(CS3 国際化学サミット)の白書が2020年6月3日に公開されました。高原教授が今回CS3の日本のリーダーをつとめました。


Plastic surgery: Chemistry experts unite to make plastics fit for the future

 

 

2019 年 11 月 10~13 日にロンドンの王立化学協会の Burlington House で開催された Chemical Sciences and Society Summit(CS3 国際化学サミット)の白書を2020年6月3日00:01英国時間に公開される。CS3 は化学の領域で最先端の化学者が集まり,世界が直面する重要課題を取り上げて,少人数で解決に資する糸口を探り,その成果を広く公表することを目的とした会議体である。日本のほか,英国,ドイツ,中国,米国の主要化学会と各国のファンディングエージェンシーの全 10 機関で会議メンバーは構成されている。今回,諸事情により米国は不参加となったが,日英独中の 4 ヵ国が参加,主題として「Science to Enable Sustainable Plastics」を取り上げた。サブテーマとして「New plastics」「Recyclability of plastics」「Degradation of plastics」「Measuring the impact of plastics」の 4 つの分科会が開催され,分科会毎にキーノート(KN)とポジショントークが3~4件という構成で,総勢約35名で3日間にわたり議論をした。今回の議長はオックスフォード大学の C. Williams先生がつとめ,高原が今回日本のリーダーをつとめた。提言は https://www.rsc.org/new-perspectives/sustainability/progressive-plastics/ よりダウンロード可能である。

Plastic surgery: Chemistry experts unite to make plastics fit for the future
UNDER EMBARGO UNTIL 00:01 UTC WEDNESDAY 3 JUNE

Greener plastics are within our grasp – and they are essential for a sustainable future, says international group of researchers and funders.

New research is urgently needed to improve our understanding of plastics and their impacts, to secure a sustainable future for a material that fulfils vital roles in society – according to an international union of chemical societies and funding agencies.

Atsushi Takahara, Kyushu University joined learned societies and funders from China, Germany, Japan and the UK to develop a masterplan for creating a circular economy for plastics, by preserving the crucial function they serve in society while introducing much better recyclability and reusability into their design. The meeting was the latest edition of the Chemical Sciences and Society Summit (CS3), which takes place every two years.

Plastics’ worst environmental impacts are a common sight in the news or on social media, but they also play crucial roles in producing renewable energy and reducing the environmental impact of transport, as well as preserving fresh food and protecting it from contamination.

Plastics have also played a lifesaving role during the ongoing COVID-19 pandemic – as personal protective equipment such as masks, gowns and gloves all contain plastic.

A report on the findings, published today, says that with plastics likely to play a crucial role in healthcare and in low-carbon technologies in the future, it’s vital that new types of plastic are designed that can fulfil those roles without adverse impact on the environment. The report was published by the Chemical Society of Japan and JST partnership with an international group of learned societies and funding bodies.

Professor Charlotte Williams, Professor of Chemistry at the University of Oxford, who chaired the meeting, said:

“We use plastics because they can do things other materials cannot. We have an opportunity and an obligation to think about how we can re-design plastics to make them fully sustainable and fit for purpose, both for existing applications and for those we will need tomorrow. In the process, we must aim to reduce and even reverse some of the damage plastic pollution has already caused.

“The solution cannot be to ‘ban’ plastics or to replace them with alternative materials like paper, glass or metals.  These alternatives also involve significant environmental impacts and in some cases are less sustainable than using plastics.

“Building a new future for plastics will require extensive collaboration across disciplines – including science, engineering, social sciences, policy, regulation and business.”

Future sustainable technologies may depend on plastics

Plastics are frequently demonized – often for the waste and pollution they cause – but they have benefits too.

In the future many technologies central to reducing our reliance on fossil fuels will depend on plastics. Wind turbine blades require plastic composites and adhesives, while batteries rely on plastics in their housing and may even apply them as electrolytes and other components. Plastics are also widely used in home insulation, reducing energy usage, and they play critical roles in the construction sector as pipes and conduits, cladding, seals, adhesives and gaskets.

Other future technologies such as robotics, drones, electronics, healthcare and diagnostics will also rely on the development of better plastic materials.

Plastic’s image problem exists in the production stage too, since most plastics are made from petrochemicals, the extraction of which causes pollution and the degradation of land. But in future they could be produced from more sustainable sources – such as from waste plastics or biologically sourced raw materials.

Chemistry has a central role to play

Technical solutions are urgently needed to ensure that in future plastics can retain their useful properties, whilst having a reduced environmental impact throughout their lifespan. Chemistry will play a central role in delivering these solutions.

Developments in chemistry will be key to understanding and mitigating the impact of plastics in the environment. Chemistry can help to develop efficient ways to recycle the plastics we use today and, in the longer-term, create replacements that are made from sustainable starting materials, are more amenable to recycling at end of life, and degrade more quickly to harmless by-products if they escape into the environment.

Four major research challenges

The new report – which is the output of a global summit held at the Royal Society of Chemistry in November 2019 – identifies four major research challenges. These four challenges are interlinked and are of equal importance.

• Understand the impacts of plastics throughout their life cycles. We need a suite of technologies and assessment tools to improve sustainability throughout plastics life cycles – from obtaining raw materials and manufacturing plastics, to better recycling and disposal options and fully understanding all the environmental impacts. Analytical methods and predictive models will be key to understanding the structure, properties and behaviour of micro and nanoplastics currently in the environment.
• Develop new sustainable plastics. New plastics must be designed with circular economy in mind from the design stage. This involves designing polymer structures with specific properties that allow plastics to be manufactured, processed and recycled with minimal negative environmental impacts.
• Closed loop plastics recycling. More efficient recycling processes are needed across the board – including in separating mixtures and composites into single pure polymers, and in enabling ‘chemical recycling’ – that is breaking polymers down into smaller molecules for future use.
• Understand and control plastic degradation. The indiscriminate disposal of plastics into the environment must be stopped. Some degradable plastics will be needed and the focus should be on developing products that are both recyclable and environmentally degradable so they can be degraded to non-toxic biochemicals after multiple reuse or recycles.  It is also important that labelling standards are improved to ensure clarity and standardization of terms such as compostable, biodegradable and degradable polymers.
To read the report, visit https://www.rsc.org/new-perspectives/sustainability/progressive-plastics/

Posted:2020/06/03.

永島教授の定年退職とグリーンテクノロジー研究教育センター特任教授としての勤務について

2020年3月31日付で永島は定年退職しました。4月1日より、グリーンテクノロジー研究教育センター特任教授として勤務します。連絡先は以下の通りです。

永島英夫

九州大学名誉教授
グリーンテクノロジー研究教育センター特任教授
春日市春日公園6-1
Tel&Fax 092-583-8892(C-Cube708号室):092-583-7839(秘書)
nagasima@cm.kyushu-u.ac.jp

Posted:2020/04/27.

【拠点】2020年度 共同研究課題の公募を開始しました (申込期限:1月27日(月))

2020年度 共同研究課題(基盤共同研究、展開共同研究、次世代若手共同研究、施設・設備利用、COREラボ共同研究)の公募を開始しました。

・公募期間: 2020年1月8日(水)~ 1月27日(月)
・応募資格・応募方法: 物質・デバイス領域共同研究拠点ホームページをご覧ください

Posted:2020/01/08.

友岡研の河崎悠也特任助教が有機合成化学協会の「味の素 研究企画賞」を受賞しました(令和元年12月)

———————————————————————————————————————————————–
友岡研の河崎悠也特任助教が有機合成化学協会の「味の素 研究企画賞」を受賞しました(令和元年12月)

https://www.ssocj.jp/award/project/
———————————————————————————————————————————————–

Posted:2019/12/04.

福岡市科学館にて開催された「世界一行きたい科学広場inふくおか2019」イベントで、科学実験教室を実施しました

令和元年10月19日・20日の2日にわたり福岡市科学館にて「世界一行きたい科学広場inふくおか2019」のイベントが開催され、「電気を作る -果物で・熱で・光でー」というタイトルのもと、九州大学グリーンテクノロジー研究教育センターと共同で市民向け科学実験教室を実施しました。
果物電池・熱電発電・太陽電池に関する実験を行い、延べ千人以上の方に来場いただきました。
また本イベント実施の1週間前に今年度のノーベル化学賞を受賞されました本学訪問教授の吉野先生の研究紹介のパネル・ビデオ展示も同時に実施しました。

Posted:2019/10/31.

【拠点】2019年7月1日~2日 第9回物質・デバイス領域共同研究拠点活動報告会及び平成30年度ダイナミックアライアンス成果報告会(大阪・千里ライフサイエンスセンター)

「第9回 物質・デバイス領域共同研究拠点活動報告会及び平成30年度 ダイナミック・アライアンス成果報告会〜進化し続ける共同研究拠点組織〜」を大阪の千里ライフサイエンスセンターにて開催致します。

●日 程 : 2019年7月1日 ~ 2日
●会 場 : 千里ライフサイエンスセンター 5F ライフホール・サイエンスホール
(千里中央駅 徒歩2分:大阪府豊中市新千里東町1-4-2)

プログラム等詳細はこちらをご覧ください。

Posted:2019/05/15.

谷 文都 准教授らの論文がChemPlusChem誌においてアクセス回数が最も多いTop20論文に選ばれました(2019/1/30)

谷 文都 准教授、塩田淑仁 准教授、吉澤一成 教授らの論文がWiley社発行のChemPlusChem誌において、2018年中のアクセス回数が最も多いTop20論文に選ばれました。この研究は、物質・デバイス領域共同研究拠点の支援を受けて、山口大学大学院創成科学研究科の村藤俊宏 教授も参画して行われたものです。
doi:10.1002/cplu.201600356

https://onlinelibrary.wiley.com/page/journal/21926506/homepage/2688_mostaccessed.html

Posted:2019/01/31.

【アライアンス】2018年11月27日(火)「ナノバイオ界面制御技術による機能性材料創成研究会」

 

【アライアンス】2018年11月27日(火)「ナノバイオ界面制御技術による機能性材料創成研究会」

 

日 時 : 2018年11月27日(火)14:30-18:00

会 場 : 九州大学伊都地区先導物質化学研究所1階セミナールーム
       (〒819-0395 福岡市西区元岡744 九州大学構内CE41棟)

参加費 : 無料

主催 九州大学先導物質化学研究所
共催 人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス
個人ニーズ未来ものづくりで健康・感性文化豊かな生活を目指すフロンティア有機システムイノベーション拠点(山形大COI)
有機材料の極限機能創出と社会システム化をする基盤技術の構築及びソフトマターロボティクスへの展開(OPERA)
平成30年度実施事業「大学発ベンチャー事業シーズ育成支援プログラム」
後援 公益財団法人高分子学会九州支部
協賛 公益財団法人泉科学技術振興財団

Posted:2018/11/26.