高原研究室の檜垣勇次助教、Y.S.Seo(Progress100 教授、ソウル大学教授)、高原 淳 教授の国先共著論文がRSC Advancesに掲載されました(2017年9月29日)

高原研究室の檜垣勇次助教、Y.S.Seo(Progress100 教授、ソウル大学教授)、高原 淳 教授の国先共著論文がRSC Advancesに掲載されました。
Elastomers built up through the p–p stacking association of polycyclic planar aromatic diimides Yuji Higaki,  Yudai Kiyoshima,  Ken Suzuki,  Hirofumi Kabayama,  Noboru Ohta, Yongsok Seo  and Atsushi Takahara RSC Adv., 2017, 7, 46195

Posted:2017/09/29.

Hui Wu(先導研客員教授、Fujian Agriculture and Forestry University教授)、高原 淳 教授の国際共著論文がJournal of Bioresources and Bioproductsに掲載されました(2017年9月29日)

Hui Wu(先導研客員教授、Fujian Agriculture and Forestry University教授)、高原 淳 教授の国際共著論文がJournal of Bioresources and Bioproductsに掲載されました。
Fabrication of cellulose based superhydrophobic microspheres for the production of magnetically actuatable smart liquid marbles Xinxing Lin, Wei Ma, Hui Wu, Liulian Huang, Lihui Chen, and Atsushi Takahara Journal of Bioresources and Bioproducts. 2017, 2(3): 110-115

Posted:.

平井智康助教、小林元康教授(工学院大学)、高原 淳教授のFocus ReviewがPolymer Chemistryに掲載されました(2017年7月17日)

○平井智康助教、小林元康教授(工学院大学)、高原 淳教授のFocus ReviewがPolymer Chemistryに掲載されました(2017年7月17日)DOI: 10.1039/c7py00956a (out side front cover of Polymer Chemistry)
Focus Review by Dr. Hirai, Prof. Kobayashi, and Prof. Takahara was published in Polymer Chemistry.DOI: 10.1039/c7py00956a

Posted:2017/08/03.

高原 淳 教授がデンソー、東大物性研との共同研究で一般財団法人 日本科学技術連盟より「架橋構造解析による熱硬化性樹脂の高信頼性硬化研究」という研究内容で第46回信頼性・保全性シンポジウム奨励報文賞を受賞しました(7月13日)

高原 淳 教授がデンソー、東大物性研との共同研究で一般財団法人 日本科学技術連盟より「架橋構造解析による熱硬化性樹脂の高信頼性硬化研究」という研究内容で第46回信頼性・保全性シンポジウム奨励報文賞を受賞しました。(7月13日)

Posted:.

高原淳教授、檜垣勇次助教、Hui Wu教授(Fujian Agriculture and Forestry University、昨年度先導研客員教授)の共著論文がSoft Matterに掲載されました(2017年6月3日)

○高原淳教授、檜垣勇次助教、Hui Wu教授(Fujian Agriculture and Forestry University、昨年度先導研客員教授)の共著論文がSoft Matterに掲載されました(2017年6月3日)DOI: 10.1039/c7sm00859g
An international joint research paper by Prof. Atsushi Takahara, Assist. Prof. Yuji Higaki and Prof. Hui Wu (Fujian Agriculture and Forestry University, an IMCE visiting professor in 2016) was published in Soft Matter  DOI: 10.1039/c7sm00859g

Posted:2017/06/03.

【拠点】2017年6月29日~30 第7回物質・デバイス領域共同研究拠点活動報告会(13:00 ~ Live配信)及び28年度ダイナミックアライアンス成果報告会

第7回物質・デバイス領域共同研究拠点活動報告会(13:00 ~ Live配信)及び28年度ダイナミックアライアンス成果報告会を開催します。

◆ 第7回物質・デバイス領域共同研究拠点活動報告会
◦日時:平成29年6月29日(木) 13:00 ~17:25 (12:00受付開始)
◦場所:東京工業大学 大岡山キャンパス デジタル多目的ホール

当日13:00~Live配信を行います。こちらからご覧ください。

 

◆ 平成28年度ダイナミックアライアンス成果報告会
◦日時:平成29年6月30日(金) 9:30 ~12:30 (9:00受付開始)
◦場所:東京工業大学 大岡山キャンパス くらまえホール

詳細および参加申込についてはこちらをご覧ください ⇒ 拠点・アライアンス報告会HP

Posted:2017/05/16.

柳田教授らの研究グループの分子センサに関する論文がACS Publications Research Highlights from Japanに選ばれました(2017/4)

柳田教授らの研究グループの分子センサに関する論文がACS Publications Research Highlights from Japanに選ばれました。
http://connect.acspubs.org/growing-globally-japan

参考文献
Nanoscale Thermal Management of Single SnO2 Nanowire: pico-Joule Energy Consumed Molecule Sensor Gang Meng, Fuwei Zhuge, Kazuki Nagashima, Atsuo Nakao, Masaki Kanai, Yong He, Mickael Boudot, Tsunaki Takahashi, Ken Uchida, and Takeshi Yanagida
DOI: 10.1021/acssensors.6b00364

Posted:2017/04/21.

台湾交通大学の Jiun-Tai Chen教授のグループと高原教授、檜垣助教の論文がRSCのPolymer Chemistryに掲載され、Back Coverに採用されました(2017/04)

台湾交通大学の Jiun-Tai Chen教授のグループと高原教授、檜垣助教の論文がRSCのPolymer Chemistryに掲載され、Back Coverに採用されました。

http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2017/py/c7py90061a/unauth#!divAbstract

 

Zwitterionic polymer brush grafting on anodic aluminum oxide membranes by surface-initiated atom transfer radical polymerization

Chien-Wei Chu, Yuji Higaki, Chao-Hung Cheng, Ming-Hsiang Cheng, Chun-Wei Chang, Jiun-Tai Chen and Atsushi Takahara

Polym. Chem., 2017,8, 2309-2316

Posted:2017/04/17.

高原研、University of Fribourg、 東工大との共同研究Dynamic covalent diarylbibenzofuranone-modified nanocellulose: mechanochromic behaviour and application in self-healing polymer compositesがPolymer Chemistryに掲載されました(2017/03)

高原研、University of Fribourg、 東工大との共同研究Dynamic covalent diarylbibenzofuranone-modified nanocellulose: mechanochromic behaviour and application in self-healing polymer compositesがPolymer Chemistryに掲載されました。

Polymer Chemistry, 2017, 8, 2115-2122.
http://pubs.rsc.org/en/Content/ArticleLanding/2017/PY/C7PY00074J#!divAbstract

Posted:2017/03/29.

先導研高原教授・檜垣助教、京大iCeMS、大阪大学、Heidelberg大学との共同研究が J. Phys. Chem. B に掲載されました(2017/02)

先導研高原教授・檜垣助教、京大iCeMS、大阪大学、Heidelberg大学との共同研究が J. Phys. Chem. B に掲載されました。
Y. Higaki,  B. Fröhlich,A.  Yamamoto, R. Murakami, M.  Kaneko, A. Takahara, M. Tanaka,
Ion-Specific Modulation of Interfacial Interaction Potentials between Solid Substrates and Cell-Sized Particles Mediated via Zwitterionic, Super-Hydrophilic Poly(sulfobetaine) Brushes,
J. Phys. Chem. B, 121, 1396−1404 (2017).

Posted:2017/02/23.

1 / 1012345...10...最後 »