物質基盤化学部門

生命有機化学分野

  • 筑紫キャンパス

協力専攻:

  • 総合理工学府 総合理工学専攻

研究内容

精密有機合成化学を基盤として細胞死制御剤、植物生長制御分子など新規生命作用有機小分子を設計、合成するとともに、生命科学諸現象の分子レベルでの理解と自在制御を研究目標とする。機能性反応剤の開発、触媒的C-H活性化反応、標的化合物の多段階合成など基盤となる有機合成化学の新規方法論の開拓も進める。がん免疫生物学に切り込む新しいモデル系及びアッセイ系を開発し、新規概念に基づく創薬を目指す。ライブラリースクリーニング、官能基改変、付加等による薬理物質のファインチューニングのための原理究明を目差しあらゆる手段でアプローチする。糖鎖アレイ、環境応答分子の開発を行い、新機軸のプロ−ビング分子を開発する。

メンバー

教授新藤 充

有機合成化学 / 生命有機化学

メンバー

准教授狩野 有宏

細胞生物学 / 分子生物学 / 腫瘍生物学

助教田中 淳二

合成化学

助教岩田 隆幸

有機合成化学