1月10日(木)講演 「リチウムイオン二次電池用新規鉄系酸化物正極の合成と評価」 講師 田渕 光春 氏

先導物質化学研究所特別講義のご案内

 先導物質化学研究所非常勤講師の田渕光春先生の特別講義を行います。先生は、大阪大学院博士課程を卒業後、産総研に入所され、長くリチウム電池用鉄系正極材料の材料開発とメスバウア測定等を駆使した反応機構解明を学術的に展開されています。また昨年は1年間、新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)燃料電池・水素技術開発部主査として出向され、日本のエネルギー政策についても高い見識をお持ちです。今回は、上記の概要を中心に産総研での研究やNEDOでの見聞を含め、幅広い話題について、お話しいただく予定です。多数のご来聴をお願い申し上げます。

日 時 :1月10日(木) 14:00~16:00
場 所 :筑紫キャンパス総合研究棟c-cube303講義室
講演者 :田渕 光春 博士
(産業技術総合研究所ユビキタスエネルギー研究部門主任研究員)
講演題目:リチウムイオン二次電池用新規鉄系酸化物正極の合成と評価

概要:リチウムイオン二次電池構成材料の中で正極材料は、電池電圧、電池容量を決 定づける極めて重要なものである。本講演では当所で見出した新規鉄系複合酸化物正極(鉄含有Li2MnO3)の発見経緯、充放電特性評価と充放電特性に影響を及ぼす因子の探索の結果等について報告する予定である。

*分子物性学第二(岡田准教授担当)受講者は本講義を必ず受講して下さい。

連絡先:岡田 重人(内線 7841)

Posted:2008/01/04.