1月18日(水)「「京」コンピュータを用いたリチウムイオン電池・界面SEI膜の理論計算研究」「蓄電池材料に関する第一原理計算研究」講師:館山佳尚 先生

先導物質化学研究所 教職員各位

先導研非常勤講師、物質・材料研究機構・グループリーダーの館山佳尚先生をお招きし、特別講義を開催いたします。
みなさまのご来聴をお待ち申し上げます。

——————————————————————————————————————————-

講 師 : 館山佳尚 先生(物質・材料研究機構・グループリーダー)

日 時 : 平成29年1月18日(水)15:35~17:45
   
会 場 : 筑紫地区先導研中央棟111演習室

【特別講演】
15:35-16:05 「京」コンピュータを用いたリチウムイオン電池・界面SEI膜の理論計算研究
16:05-16:15 休憩
【特別講義】
16:15-17:45 蓄電池材料に関する第一原理計算研究

講義の概要:
次世代蓄電池開発において、計算科学手法を用いた材料探索・新機構解明は大きな役割を担っている。一方、多様な計算レベルが存在するため、計算結果を評価することはなかなか難しい。本講義では、密度汎関数理論(DFT)を基にした第一原理計算解析に焦点をあて、主に実験家を対象に(1)計算手法の基礎(何が計算できて、何が計算困難か?)および(2)正極・負極・電解液/電解質材料に関する研究事例について紹介する。

 

連絡先
先導物質化学研究所 先端素子材料部門
岡田重人
電話:93-7841

Posted:2017/01/06.