1月27日(金)「リチウムイオン電池の課題と次世代二次電池技術」講師:櫻井庸司 先生

先導物質化学研究所 教職員各位

先導研非常勤講師の豊橋技術科学大学・教授の櫻井庸司先生お招きし特別講義を開催いたします。
みなさまのご来聴をお待ち申し上げます。

———————————————————————–

日   時: 平成29年1月27日(金)15:00~17:00

会   場 : 筑紫地区先導研中央棟111演習室

講   師 : 櫻井庸司 先生(豊橋技術科学大学電気・電子情報工学系・教授)

講義の題目 : 「リチウムイオン電池の課題と次世代二次電池技術」

講義の概要:
リチウムイオン電池は1991年に上市されて以来、携帯電話・スマートフォンやノートパソコンなどのモバイル端末用電源として多用されてきた。近年では、当初の約3倍程度まで高エネルギー密度化が進み、その適用用途も電動工具やロボット駆動用電源などに加えて、より大型・大容量な電動車両用・定置型電力貯蔵用にまで適用領域が広がっている。
その一方で、市場からは更なる高エネルギー密度化が求められ、また、相次ぐ発火事故への抜本的対応も望まれており、現行リチウムイオン電池を超える特性の二次電池開発が必要な状況にある。
本講義では、リチウムイオン電池の特性向上・ポストリチウムイオン電池の開発に向けて、物質化学的アプローチとは少し異なった視点も織り交ぜながら取り組んでいる我々の電池研究の一端を紹介したい。
具体的には、電池を取り巻く社会情勢の変化も再確認しながら、各種二次電池用材料・プロセス・評価技術(改良型単一粒子測定法や、全固体電池用高速AD成膜法、ポストリチウムイオン電池としてのカルシウムイオン電池の研究)について概説する。

連絡先
先導物質化学研究所 先端素子材料部門
岡田重人 電話:93-7841

Posted:2017/01/23.