11月4日(水)「メスバウアー分光法を用いた機能性ガラスのキャラクタリゼーション~導電性ガラスから光触媒ガラスまで~」講師:久冨木志郎 先生

先導物質化学研究所 教職員各位

非常勤講師、首都大学東京・准教授の久冨木志郎先生による特別講義を開催いたします。
みなさまのご来聴をお待ち申し上げます。

-----------------------------------------------------------------------

 日 時 : 平成27年11月4日(水)15:00~17:30
       平成27年11月5日(木)15:00~17:30
 会 場 : 筑紫地区先導研中央棟111演習室
 講 師 : 久冨木志郎 先生(首都大学東京 大学院理工学研究科分子物質化学専攻准教授)
 題 目 : 「メスバウアー分光法を用いた機能性ガラスのキャラクタリゼーション~導電性ガラスから光触媒ガラスまで~」

 講義の概要
メスバウアー分光法は微弱なガンマ線を用いた共鳴吸収法である。機能性ガラスセラミックスのキャラクタリゼーションに有用なデータが得られるものの、密封放射線源を用いるため放射線管理区域が必要となるなど制約があり、あまり広く
用いられていないのが現状である。本講演ではメスバウアー分光法の原理やメスバウアースペクトルの測定方法の概略を説明し、導電性ガラスをはじめとする機能性ガラスやナノ粒子の構造解析への応用例を紹介する。

連絡先
先導物質化学研究所 先端素子材料部門 岡田重人
電話:93-7841
Posted:2015/10/21.