講演会「Insights into the supramolecular aspects of metallo-biosites with calix[6]arene-based model complexes」講師 Olivia REINAUD 先生

先導物質化学研究所講演会

講 師: Olivia REINAUD 教授
(Universit・Ren・Descartes (Paris V) Laboratoire de Chimie et de Biochimie pharmacologiques et toxicologiques)

演 題: 「Insights into the supramolecular aspects of metallo-biosites with calix[6]arene-based model complexes」

日 時: 2006年12月4日(月)午後3時30分~

会 場: 理学部2号館化学第三講義室(2階)

【講演概要】 Reinaud 教授は calixareneを用いて、Co, Ni, Cu, Zn等のイオンを含む金属酵素の活性中心モデルを構築され、分子認識、小分子との錯形成、酸素活性化反応等、幅広く研究を展開されています。超分子化学の立場から、生物無機化学における課題解決に向けてのアプローチに関してご講演を頂きます。

連絡先
先導物質化学研究所(箱崎)成田吉徳
(内線 2731、naruta@ms.ifoc.kyushu-u.ac.jp)

Posted:2006/12/04.