5月21日(土)「東北放射光計画の現状とエンドステーション・ビジョン」:高田昌樹先生

放射光ユーザーあるいは放射光を利用されようとしている方各位

先導物質化学研究所
所長 高原 淳

東北放射光ではユーザーコミュニティーの前進にあたる利用分野調査ワーキンググループをすでに立ち上げていて、今後エンドステーションの基本コンセプトをつくり、先行10 BLの公開デザインコンペを6月頃に実施するそうです。ついては、下記の日程で放射光ユーザーに向けての小エン会を開催しますので、是非ご参加ください。講演会(5月21日開催)ポスターへ

題 目 : 「東北放射光計画の現状とエンドステーション・ビジョン」
発表者 : 高田昌樹 教授(東北大学多元物質科学研究所)
日 時 : 2016年5月21日(土)10:00-11:30-11:00
場 所 : 先導研(伊都地区:CE41) 1階セミナー室

要旨:
低エミッタンスの中型放射光計画である東北放射光施設SLiT-Jは、軟X線領域でSPring-8の100倍の高い光源性能(エミッタンス: 0.9nmrad)・低コスト・省エネ設計・長期シャットダウンのない運転・交通アクセスの良さで、新しい産学連携の運営を目指している。そして、皆様からのアイデアを取り入れた施設とするために光源性能を活かすエンドステーションのデザインを広く一般に公募する準備を始めている。東北放射光計画の現状について概説する。

Posted:2016/05/17.