5月23日(金)講演「Design and Synthesis of a New Class of Hybrid Peptides with Novel Helical Structure」講師 Prof. G. V. M. Sharma

先導物質化学研究所教職員各位

 今週の5月23日(金)に下記の要領で先導物質化学研究所特別講演会を開催致します。

 シャルマ先生はIICTの副所長で、現在先導研の外国人客員教授として箱崎地区にご滞在中です。今回は糖を側鎖とするハイブリッドペプチドの合成と構造について最新の研究成果を紹介して頂きます。

 トニー・シン先生は高度に酸素化された複雑な構造を有する5環性天然物や生理活性糖類の反応・合成に関するお話をされる予定です。

 ご案内が直前になり大変申し訳がありませんが、お誘い合わせの上多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

  先導物質化学研究所
  稲永純二

*****

特別講演会  20080523.pdf

講演1
“Design and Synthesis of a New Class of Hybrid Peptides with Novel Helical Structure”
Dr. G. V. M. Sharma (Indian Institute of Chemical Technology)

講演2
“Synthesis of Anti-tumor Pentacyclic Quassinoids, 14-epi-Samaderine E and Samaderine Y, from Carvone via an Intramolecular Diels-Alder Strategy”
“Carbocyclisation of Carbohydrates: Synthesis and Bioevaluation of 
Pseudo-Acarviosin as Potential Anti-Diabetic Agent”
Prof. Tony K. M. Shing (The Chinese University of Hong Kong)

日時:2008年5月23日(金)15:00より

会場:化学第2講義室(箱崎キャンパス理学部2号館3階2355室)

Posted:2008/05/23.