5月24日(金)「液晶構造論-各論:アキラル分子がつくるキラルネマティック構造」講師:苗村省平 先生

先導物質化学研究所講演会
 
液晶の理論に関する2件の講演会を開催します。今回は2件とも近年注目を集めている液晶のキラリティに関するご講演です。
 
 福田先生は、液晶のキラリティや界面効果などにより生じる新規な構造や現象をシミュレーションにより精力的に研究されています。最近、ブルー相の興味深い構造の出現も予測されています。
 苗村先生は、電機メーカのNECや液晶メーカのメルクで長年にわたり液晶デバイスや液晶材料の第一線で活躍されてきました。このご経験を元に多くの液晶入門書・専門書を執筆されています。最近は、液晶の相転移や対称性に関する理論的研究に注力され、二軸性ネマチック相の相挙動や新規液晶表示モードの提案などを発表されています。
 
液晶分野で著名なお二人にをお呼びし、講演会を企画しました。奮ってご参加ください。
 
演 題 :「薄いキラル液晶セルが示す特異な秩序構造の光学的性質」
講 師 : 福田順一(産総研)(物質・デバイス領域共同研究拠点)
日 時 : 2013年5月24日(金)14:30~16:00
会 場 : 九大筑紫地区 先導研中央棟111室
 
 
演 題 :「液晶構造論-各論:アキラル分子がつくるキラルネマティック構造」
講 師 : 苗村省平(鳥取大学工学部附属電子ディスプレイ研究センター 客員教授,先導研非常勤講師)
日 時 : 2013年5月24日(金)16:00~17:30
会 場 : 九大筑紫地区 先導研中央棟111室
——————————————–
菊 池  裕 嗣 (Hirotsugu Kikuchi)
〒816-8580
福岡県春日市春日公園6−1
九州大学先導物質化学研究所 
融合材料部門
Tel/Fax: 092-583-7797

Posted:2013/05/16.