炭素-窒素三重結合形成反応を触媒するヘム鉄タンパク質の立体構造と反応メカニズムの解明に成功

筑波大、横浜市立大との共同研究の成果がプレスリリースされました。本学先導物質化学研究所の成田主幹教授および太田助教と共同研究を行い、共鳴ラマン分光法を用いてOxdA酵素の活性中心に含まれるヘム鉄およびその近傍の分子構造を明らかにし、タンパク質構造と反応性の相関の解明に貢献しました。
◆プレスリリースの詳細(全文)はこちら
2013.02.08プレスリリース
2013年2月22日科学新聞掲載

Posted:2013/02/12.