ナノ構造評価分野(横山士吉教授)らの研究グループがポリマー光変調器を開発し世界最高速の光データ伝送に成功しました(2018/5/15)

ナノ構造評価分野(横山士吉教授)の研究グループは、日産化学工業株式会社とともに優れた電気光学特性と熱安定性を持つポリマーの開発を、アダマンド並木精密宝石株式会社とともに超高速光変調器のモジュール開発を進め、従来技術の無機系光変調器では到達困難な光データ伝送の高速化と低電圧制御に成功しました。

 

この研究成果は、科学技術振興機構(JST)プレスリリースに掲載されてます
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20180515/index.html

◆九大HP NEWS 研究成果
https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/244

Posted:2018/05/16.

【プレスリリース】持ち運び可能な微生物センサーを開発(2018/3/7)

内閣府 の総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(グラム( ImPACT)で、宮田令子プログラム・マネージャーが担当している研究開発プログラムの一環として、本研究所の柳田 剛 教授との共同研究により、 持ち運び可能な微生物センサーを開発しました。

 

プレスリリースの詳細(全文)はこちら
PRESS RELEASE(2018/3/7)

Posted:2018/03/08.

【プレスリリース】尿中マイクロRNAから「癌」を特定!(2017/12/18)

名古屋大学大学院工学研究科の馬場 嘉信教授、安井 隆雄助教らの研究グループは、九州大学先導物質化学研究所の柳田 剛教授、国立がん研究センター研究所分子細胞治療研究分野の落谷 孝広分野長、大阪大学産業科学研究所の川合 知二特任教授との共同研究で、尿1mLから、がん(肺、膵臓、肝臓、膀胱、前立腺)を特定する技術を新たに発見しました。

プレスリリースの詳細(全文)はこちら
PRESS RELEASE(2017/12/13)

Posted:2017/12/19.

【プレスリリース】IoT 分子センサ:超長期動作が可能に~携帯端末による健康状態や環境負荷物質の長期モニタリングに期待~(2017/11/02)

柳田剛教授、長島一樹助教、高橋綱己特任助教らの研究グループは、従来技術に基づくセンサよりも遙かに長期間に渡って安定的に動作する分子センサを開発しました。

プレスリリースの詳細(全文)はこちら
PRESS RELEASE(2017/11/02)

Posted:2017/11/07.

【プレスリリース】世界最高感度の電気計測システムを開発 (2017/10/02)

 

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の宮田プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、名古屋大学大学院工学研究科(研究科長:新美 智秀)生命分子工学専攻の馬場 嘉信(ばば よしのぶ)教授、安井 隆雄(やすい たかお)助教、矢崎 啓寿(やさき ひろとし)研究員らが、九州大学先導物質化学研究所柳田 剛(やなぎだ たけし)教授、大阪大学産業科学研究所川合 知二(かわい ともじ)特任教授との共同研究により、世界最高感度の電気計測システムを開発し、微粒子や微生物、DNA分子の高感度電流計測を可能としました。

プレスリリースの詳細(全文)はこちら
PRESS RELEASE(2017/10/2)

研究成果:
https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/177

 

Posted:2017/10/02.

多次元分子配列分野の谷 文都 准教授、東北大学らの共同研究グループが錯体結晶のように規則正しい構造をもち、金属原子が整然と配列した炭素系触媒を開発しまた(2017/7/25)

本研究所の多次元分子配列分野の谷 文都 准教授、東北大学らの共同研究グループによる「カーボンの中に金属が規則配列した触媒-CO2削減や燃料電池の白金代替に期待-」の研究成果についてお知らせします。

◆プレスリリースの詳細(全文)はこちら
PRESS RELEASE(2017/7/25)

Posted:2017/07/26.

ナノ構造評価分野(横山研)と武漢理工学大学の国際共同研究の成果がScientific Reportsに掲載(2017/7/10)

ナノ構造評価分野(横山研)と武漢理工学大学の国際共同研究の成果がScientific Reportsに掲載。
横山士吉教授とJianxun Hong准教授(武漢理工大学)らの国際共同研究チームは、160Gbpsの超高速ポリマー光通信デバイスの理論的設計とデバイス開発に関する成果を発表しました。
本研究成果は、オープンアクセス電子ジャーナルのScientific Reportsに2017年7月5日に公開されました。
J. Hong, F. Qiu, X. Cheng, A. M. Spring, and S. Yokoyama, A high-speed electro-optic triple-microring resonator modulator, Scientific Reports 7, 4682 (2017). DOI:10.1038/s41598-017-04851-x

Posted:2017/07/10.

【プレスリリース】世界最薄!局在プラズモンシートで細胞接着ナノ界面の可視化が可能に(2017/6/14)

九州大学先導物質化学研究所の玉田薫教授、岡本晃一准教授、臼倉英治特任助教(現在名古屋大学)、博士課程 1 年の増田志穂美らの研究グループは、広島大学医歯薬保健学研究科の柳瀬雄輝助教、九州大学先導物質化学研究所の木戸秋悟教授、久保木タッサニーヤー助教らとの共同研究において、細胞が接着した「ナノ界面」の構造を高い時空間分解能で観察できる「局在プラズモンシート」の開発に成功しました。

2014 年のノーベル化学賞に代表されるように、光の回折限界を超える空間分解能を持つ超解像度顕微鏡の開発が現在世界中で進められています。この技術によって生きた細胞内の分子の観察が初めて可能になりましたが、観察には非常に複雑で高価な装置が必要でした。
本研究グループでは、金属ナノ粒子が規則配列した単層シートを蛍光観察基板として用いることで、現在最も「薄い」領域の観察に用いられている全反射蛍光顕微鏡の約 10 分の1の厚みの「ナノ」の領域のイメージングに、世界で初めて成功しました(図 1)。この観察には金属ナノ微粒子の持つ「局在表面プラズモン」の効果を利用しています。
この局在プラズモンシートを用いれば、細胞が接着した界面における「接着斑」の高解像度イメージングや、細胞内の分子の動きの高速観察を、ほぼ全ての生化学系の研究室が持っている汎用の蛍光顕微鏡下で行うことができます(図 2)。超解像度蛍光イメージングを身近なものにしてくれるこの技術は、世界の生化学、医学の研究者の標準技術となることが期待されます。
本研究成果は、国際科学誌 Nature の姉妹誌である「Scientific Reports」において、2017 年 6月 16 日(金)午前 10 時(英国夏時間)に公開されました。


このプレスリリースは、日本経済新聞社の日経電子版に掲載されました。

http://www.nikkei.com/article/DGXLRSP448062_U7A610C1000000/

九大HP NEWS

http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/136

◆プレスリリースの詳細(全文)はこちら

PRESS RELEASE(2017/6/14)

 

Posted:2017/06/19.

日本経済新聞朝刊と電子版に、岡田重人教授、猪石篤助教の研究成果が「九大、零下40度でも使えるリチウムイオン電池開発 」と題して掲載されました(2017/4)

2017年4月17日(月)付の日本経済新聞朝刊と電子版に、岡田重人教授、猪石篤助教の研究成果が「九大、零下40度でも使えるリチウムイオン電池開発 」と題して掲載されました。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15375490W7A410C1TJM000/

Posted:2017/04/17.

友岡教授、井川助教らの研究グループは本学薬学研究院の臼井助教らの研究グループと共同して、優れた不斉触媒活性を示す高機能らせん分子の開発に世界で初めて成功(2016/10/31)

友岡教授、井川助教らの研究グループは本学薬学研究院の臼井助教らの研究グループと共同して、優れた不斉触媒活性を示す高機能らせん分子の開発に世界で初めて成功しました。

九大HP NEWS
http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/56
◆プレスリリースの詳細(全文)はこちら
PRESS RELEASE(2016/10/31)

Posted:2016/11/04.

田中特任准教授と吉澤教授らの研究グループが、安価な鉄錯体を用いて温和な条件下で窒素ガスの触媒的還元に成功

田中特任准教授と吉澤教授らの研究グループが、安価な鉄錯体を用いて温和な条件下で窒素ガスの触媒的還元に成功!
-窒素ガスから触媒的なアンモニアおよびヒドラジン合成を実現-

 

◆プレスリリースの詳細(全文)はこちら
PRESS RELEASE(2016/07/21)
※東京大学との共同リリース

Posted:2016/07/21.

柳田教授らの研究グループは、従来の10億分の1のエネルギーで駆動する分子センサを世界に先駆けて開発

柳田教授らの研究グループは、従来の10億分の1のエネルギーで動く分子センサを開発
~肺がんマーカーなどの携帯型の健康センサに適用可能~

 

◆プレスリリースの詳細(全文)はこちら
PRESS RELEASE(2016/07/20)
※JST、慶応義塾大学との共同リリース

Posted:.

友岡教授、井川助教らの研究グループが新しいキラルケイ素分子の不斉合成に成功 本成果に関する論文がAngewandte Chemie International Editionに掲載されるとともに、上位5%の重要論文:Very Important Paper(VIP)に選抜されました(2016/04/04)

友岡教授、井川助教らの研究グループが新しいキラルケイ素分子の不斉合成に成功しました。本成果に関する論文がAngewandte Chemie International Editionに掲載されるとともに、上位5%の重要論文:Very Important Paper(VIP)に選抜されました。

◆プレスリリースの詳細(全文)はこちら
PRESS RELEASE(2016/04/04)

Posted:2016/04/06.

永島教授 アルケンのヒドロシリル化用鉄・コバルト触媒の開発に成功 工業的にシリコーン製造に用いられている白金触媒を汎用金属で代替、資源問題に貢献

永島 英夫 教授の研究チームは、工業的なシリコーン製造の鍵反応とされる、アルケンのヒドロシリル化反応に活性を持つ、貴金属を含まない新触媒の開発に成功しました。従来用いられている稀少資源で高価な白金触媒を、安価な非貴金属触媒で代替する、「元素代替」を実現した研究成果です。この研究成果を受けて平成28年2月より1年間、九州大学と信越化学工業株式会社は産学共同で本触媒の本格的な実用化検討に入ります。
本成果は、アメリカ化学会誌「Journal of the American Chemical Society」の「JACS Spotlights」で、注目される論文としてオンライン速報版に掲載され、近日中に正式掲載されます。
本研究は、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業チーム型研究(CREST)「元素戦略を基軸とする物質・材料の革新的機能の創出」研究領域(研究総括:玉尾 皓平(理化学研究所 研究顧問・グローバル研究クラスタ長))における研究課題「有機合成用鉄触媒の高機能化」(研究代表者:永島 英夫 教授)による支援を受けて実施しました。

 

くわしくは科学技術振興機構(JST)との共同発表または九州大学のPRESS RELEASE(2016/02/16)をご覧ください。
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160216-3/
◆プレスリリースの詳細(全文)はこちら
PRESS RELEASE(2016/02/16)

Posted:2016/02/18.

1 / 3123