永島教授 アルケンのヒドロシリル化用鉄・コバルト触媒の開発に成功 工業的にシリコーン製造に用いられている白金触媒を汎用金属で代替、資源問題に貢献

永島 英夫 教授の研究チームは、工業的なシリコーン製造の鍵反応とされる、アルケンのヒドロシリル化反応に活性を持つ、貴金属を含まない新触媒の開発に成功しました。従来用いられている稀少資源で高価な白金触媒を、安価な非貴金属触媒で代替する、「元素代替」を実現した研究成果です。この研究成果を受けて平成28年2月より1年間、九州大学と信越化学工業株式会社は産学共同で本触媒の本格的な実用化検討に入ります。
本成果は、アメリカ化学会誌「Journal of the American Chemical Society」の「JACS Spotlights」で、注目される論文としてオンライン速報版に掲載され、近日中に正式掲載されます。
本研究は、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業チーム型研究(CREST)「元素戦略を基軸とする物質・材料の革新的機能の創出」研究領域(研究総括:玉尾 皓平(理化学研究所 研究顧問・グローバル研究クラスタ長))における研究課題「有機合成用鉄触媒の高機能化」(研究代表者:永島 英夫 教授)による支援を受けて実施しました。

 

くわしくは科学技術振興機構(JST)との共同発表または九州大学のPRESS RELEASE(2016/02/16)をご覧ください。
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160216-3/
◆プレスリリースの詳細(全文)はこちら
PRESS RELEASE(2016/02/16)

Posted:2016/02/18.

生命有機化学分野(新藤狩野研)と東京農工大(藤井研)との共同研究が日経産業新聞に掲載されました(2015年12月21日)また、TBSラジオ「森本毅郎 スタンバイ!」でも紹介されました

生命有機化学分野(新藤狩野研)と東京農工大(藤井研)との共同研究が日経産業新聞に掲載されました(2015年12月21日)また、TBSラジオ「森本毅郎 スタンバイ!」でも紹介されました。「枯らさず巻き付かせず。」つる植物の巻き付きを防ぐ物質を発見した。

Posted:2016/02/10.

ナノ融合材料分野(柳田研)と阪大産研とのアライアンス共同研究による共著論文がNano Lettersに掲載

単結晶酸化物ナノワイヤ成長メカニズムに関する論文がNano Lettersに掲載されました

先導物質化学研究所 ナノ融合材料分野 (柳田研究室)と大阪大学産業科学研究所 ナノ構造・機能評価研究分野(竹田研究室)の共同研究成果

A. Klamchuen, M. Suzuki, K. Nagashima, H. Yoshida, M. Kanai, F. W. Zhuge, Y. He, G. Meng, S. Kai, S. Takeda, T. Kawai, and T. Yanagida
「Rational Concept for Designing Vapor-Liquid-Solid Growth of Single Crystalline Metal Oxide NanowiresNano Letters 15 6406-6412(2015)
2015.9.15掲載
DOI: 10.1021/acs.nanolett.5b01604
Posted:2015/10/27.

UC Irvineと複合分子システム分野(高原研)の共著論文がAdvanced Materialsに掲載

UC Irvineと複合分子システム分野(高原研)の共著論文がAdvanced Materialsに掲載
G. A. Williams, R.Ishige, J. Chung, O. R. Cromwell, A. Takahara,  Z. Guan, Mechanically robust and self-healable superlattice nanocomposites by self-assembly of single-component “sticky” polymer-grafted nanoparticles,Advanced Materials, 27, 3934–3941(2015). DOI: 10.1002/adma.201500927

Posted:.

佐藤治教授らの研究グループが極小の「最強磁石」合成に成功

佐藤治教授らの研究グループが極小の「最強磁石」合成に成功し共同通信、化学工業日報、毎日新聞、日刊工業新聞等に掲載されました。

共同通信 (2015年1月6日)
「極小の「最強磁石」合成に成功 分子サイズ、病気治療も」
http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015010601001555.html

化学工業日報 (2015年1月7日)
「九大など 巨大分子磁石を作製」

Posted:2015/01/08.

九州大学発の蛍光色素、がん診断技術等へ応用可能な国産バイオツールとして実用化へ

 

1979年に九州大学生産科学研究所(現・先導物質化学研究所)で発見された強蛍光性色素が、九州大学発のベンチャー企業での10年の開発期間を経て、がん等の疾病診断技術、DNA検出技術等に応用されるバイオツールとして実用化のめどが立ちました。蛍光試薬は2015年度には3千億円(うち病理診断関連1千億円)の国内市場規模が予想され、米国での市場規模はその50~100倍と予想されています。この蛍光色素の実用化により、これまで国産技術がなく、欧米からの輸入に頼っていた様々な問題が解決されると期待されています。

九州大学プレスリリース(2014年5月30日)PDF

mataka2014 isobe
又賀駿太郎 九州大学名誉教授 礒部信一郎 九州産業大学教授(アイエスティー社長)
細胞の仮足を染色2 ラット腎臓尿細管 ヒト腎がんのがん組織部位
マウスNIH3T3細胞の仮足をFluolid-PMで染色
がん細胞転移リスク診断への応用が期待
ラット腎の尿細管をFluolid-Wで
膜選択的染色
ヒト腎がん組織をFluolid-PM
試薬で四重染色(4色)

[続きを読む]

Posted:2014/05/30.

2014年5月29日「日経産業新聞」で取り上げられました

2014年5月29日「日経産業新聞」

日経産業新聞に連載中の「解剖先端拠点」のコラムに先導物質化学研究所が紹介され、岡田先生の2次電池、林先生の原料ガス、吉澤先生の量子力学をベースにした化学反応や分子構造の解明の研究が紹介されました。

Posted:2014/05/29.

5月21日にTBS 19:00-『トコトン掘り下げ隊! 生き物にサンキュー!!』に高原淳教授が出演、その研究開発が紹介されました

5/21にTBS 19:00-『トコトン掘り下げ隊! 生き物にサンキュー!!』で、九州大学WPI・馬研究員と高原淳教授が研究しているウツボカズラの特性を利用した最先端技術。ウツボカズラの特性を活かし、汚れがつきにくいガラスの開発が紹介されました。

Posted:2014/05/23.